人気ブログランキング | 話題のタグを見る

個人的に指輪モードのクリスマス会

昨日は某英国人作家ファンの団体のクリスマス会でした。

会場はホームシアターのあるお宅。
たいていイギリスか児童文学関連の映画を観るので、「今年はBorn of Hopeを観ませんか」と提案してみました。
そのプレゼン(というほどではない)は
「そもそもクリスマスとは、救い主イエス・キリストの降誕を祝うものなのだから、未来への『希望』として生まれたアラゴルン誕生秘話こそふさわしいではないか」
という、いかにも怪しげなこじつけです。

結局、ネット配信のものはホームシアターでは観られないということで、テレビモニターで観ることになってしまったのはちょっと残念でしたが、うちのテレビよりもかなり大きいし、PC画面で観るのに比べたら何十倍もよかったです。そして、日本語字幕作成者に改めてお礼を申し上げます。

2度観てしみじみ思ったこと。
トールキン原作の「指輪物語」のファンが作った映画なのだから、トールキンに敬意を払っているのは当然。でも、この映画にはPJに対する敬意も負けず劣らずあふれています。
そしてエルフ語がペラペラですごいじゃん。さすがマニア。そのへんの俳優とは違う。私は「マエゴヴァンネン」しかわからなかったけど。
エルロンドの息子たちが登場したとき、大人につきあって観ていた小学生の坊やが「顔が似ていて区別がつかないや」と言いました。そうなのよ、この2人は似てなくちゃいけないんだよ。
感動のラストシーンを観たあと、男性からは「アラゴルンはあんなでは、これからもお母さんに甘やかされて育つだけではないか」という不満の声が上がりました。へええ、男性はそう思うんだ。私にはかわいいだけで十分だったんだけど。この映画、監督が女性だから、女性目線なんですねえ。私は一応「エルロンドが鍛えてくれるからいいんじゃない?」とか言ってみましたけど。

このあとは11月の総会で好評を博した「ツバメ号はなにゆえにカマス岩にぶつかったのか」という研究発表の再現やら、天気図描き(←船乗りは描けたほうがいいそうです)などといった、この団体本来の線に近いことをしたわけですが、それを横目に私&数人はひたすら合奏の練習。

実は、この映画がきっかけで、ここ数日間、がぜん指輪モードが復活して、「Forth Eorlingas」を、弦楽器・管楽器、そして歌と合わせようという野望に燃えていたのです。
楽譜によると、この曲は「角笛城落城寸前→ローハンのテーマ→旅の仲間のテーマ→エントの行進」という構成になっています。
ところが、テンポを確認するために「二つの塔」のラストをDVDで確認したら、順番が違っていました。映画では「エントの行進→角笛城→ローハンのテーマ(馬に乗って突撃する)→旅の仲間のテーマ(飛蔭『ヒヒヒーン!』。ガンダルフ『王はひとりでおられる』。エオメル『ひとりではない。エオルの子らよ!!!』)」という順番。
そこで、「エントの行進」の女声のソロをSさんに、「角笛城落城寸前」のトランペットと「旅の仲間」のホルン(かな?)を、クラリネット(Tさん・Mさん)に、「ローハン」のフィドルをビオラ(Kさん)に依頼し、ガンダルフとエオメルの台詞をLさんに言ってもらいました。ほんとうのことを言うと、馬のいななきもやってほしかったんだけど、さすがにそれは無理強いできませんでした(苦笑) 動物のものまねができる人、いないかなあ。 

私の急激な指輪モードに付きあってくれた寛大なるみなさんには、この場を借りてお礼を申し上げます。


ちなみに、航海士Eさんによる素晴らしいご馳走のシメは、Tさん作の「赤毛のアンのお菓子」とLさんの「海賊船ケーキ」でした。「海賊船ケーキ」はこちらでご覧になれます。

by foggykaoru | 2009-12-21 22:31 | 指輪物語関連 | Trackback(1) | Comments(10)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/13291587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from S*e*x*t*a*n*.. at 2009-12-22 19:51
タイトル : Ahoy!!!
一年秘密にしていた、クリスマスケーキ計画が終了しました。 昨年、プレゼントでいただいた「海賊船のケーキ型」を使って作成。 どういう型か、材料はリンクをご覧ください。 30人集まるクリスマスパーティだから作れましたが、自宅用には無理ですね。 とにかく大きいです。 帆はケント紙でkappaに切ってもらい、メインセイルの絵はポリーさん(パーティ主催宅のお嬢さん)が描いてくれました。 バウスプリットはグリッシーニ。 帆の後ろに「渡り板」もあります。 船首には船名 Wild ...... more
Commented by Titmouse at 2009-12-21 23:11 x
合奏楽しかったです♪ 次の機会にはクラ2本で和音にしたいですね。
赤毛のアンというかモンゴメリのお菓子は、ニュームーン・プディング(名前はエミリーのシリーズから来ている)といいます。
Commented by ケルン at 2009-12-22 00:59 x
合奏、楽しかったですね。クラリネット2本はとってもよかったです。
ああやって、クラリネットや他の楽器で旋律がなっているところに、
合いそうな音を下からつけていくのが面白いです。
そういう意味では、「はるかなリオへ」の編曲は気に入ってます♪
といいつつ、大勢が歌っているのに負けずに弾くのも楽しいし。
でも、自分で歌うのもたのしいし。弾きながらは歌えないなあ。。
Commented by crann at 2009-12-22 19:50
トラックバックとリンクありがとうございます。
アラゴルンのDNA情報が明確に判断できる映画でした(笑)
冗談はさておき、音楽も映像もすばらしかったですね!
私もなんとか自宅のテレビにつなげてみる算段をしてみます♪
多少でも大きいほうがいいですものね。
Commented by foggykaoru at 2009-12-22 21:06
Titmouseさん。
ようやく「旅の仲間」を、それも管楽器のメロディーで合奏できて感激でした。次回はぜひ和音頑張ってください。
あとは飛蔭さえ入れば完璧ですね♪(爆)
あのお菓子はアンじゃなかったんですか! でもまあ、訂正を入れるほどのことじゃないと思うので、そのままにしておきます。
Commented by foggykaoru at 2009-12-22 21:09
ケルンさん。
今回はバイオリンがないと聞いて、ちょっとがっかりしていたので、ケルンさんのビオラは天の助けでした。
歌もそうだけど、ハモリを付けるのは楽しいですよね。難しいけれど。
>弾きながらは歌えないなあ。。
そこがネックなんですよね。
いつも弾きながら歌いたいと思うんだけど。
Commented by foggykaoru at 2009-12-22 21:12
leiani@crannさん。
>アラゴルンのDNA情報
ほんと、思わず「にやり」としてしまうところがあちこちにあります。
で、それはほとんどヴィゴのアラゴルン、すなわちPJのアラゴルンなわけで、そういう意味で、PJに対する敬意が感じられるんですよね。
Commented by KIKI at 2009-12-23 21:47 x
わー指輪の会合でもあったのですね!!
なんてうらやましすぎるクリスマスパーティーなんでしょうか!
読んでるだけで食べ物についてそんなに触れられてないのによだれが出ちゃいました(笑
Commented by たけうち at 2009-12-23 21:48 x
楽しそうな会にお声かけていただいたのに伺えずすみません。
皆さん、楽しんでいただけたようで何よりです。確か、この監督のケイトさんはPJ映画から入ったのではなかったかと思います。「PJ映画と繋がる作品を」という気概を感じますよね。
エルラダン&エルロヒアの役者さんは本当に双子らしいですよ。キャスティング当初本人の写真を観た時は「あごが割れてるエルフなんてやだ」て思ったんですが、出来たらめっちゃハマっていました。
Commented by foggykaoru at 2009-12-24 20:07
KIKIさん。
うーん、、、指輪の会合というより、突如指輪モードになった私を周囲が温かく包んでくれて、つきあってくれたという感じでしょうか(笑)
食べ物はそりゃーすごかったです。いつもすごいけれど、今年はそれ以上に。
Commented by foggykaoru at 2009-12-24 20:12
たけうちさん。
おいでになれなくて残念でした。
某英国作家のファンの団体のメンバーは、指輪のファンとかぶっている率が高く、しかもそのほとんどが、私のようなぽっと出の指輪ファンではなく、指輪歴ウン十年なので、たけうちさんのお話にも十分ついていけるはずなんです。
もうちょっと早くお誘いできればよかったです。
>あごが割れてるエルフ
オーリーもちょっと割れてませんでしたっけ? 私の記憶違い?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ちょっくら 世界を旅した女性たち >>