昨今の若いもんの歌詞は

やたら饒舌だけど、ありゃ歌詞とは言わん。単なる独り言だ。
・・・なあんて言っても、単なる年寄りの繰り言なのでしょう(苦笑)

ちょっと前からとっても気に入っているフレーズがあります。
CMで流れる坂本冬実の
「またきみーにー こいしてる いままーでよーりも ふーかく」
というあれです。
これこそ「歌詞」。
曲もその言葉を生かしている。作詞・作曲ともプロの技。

思いついて検索してみたら、作詞は松井五郎。
聞いたことある名前だと思って、さらに検索してみたら、安全地帯の歌詞を担当していた人なのですね。

彼の公式サイトに行ってみたら、ブログ(Cahierをクリック)の文章にちょっと驚きました。
一般的に、物書きをやっている人のブログは、わりとあっさりめな印象があります。
「私の文章を読みたかったら買ってください」ってことかなと思っているのですが。

松井氏の場合、商品はあくまでも「歌詞」だから、ブログに濃密な文章を書いても、損した気にはならないのかも?(他の作詞家のブログは見たことがないんだけど。)
[PR]

by foggykaoru | 2010-01-21 19:35 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/13541604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Titmouse at 2010-01-21 20:45 x
歌詞は、たくさん削ぎ落として作った核心のようなものだから、削らないで言いたいことを全部書くという行為もしたくなるのかも。

昨今の若いもん・・・(笑)中にはいい歌もあるよ♪
Commented by ゆきみ at 2010-01-21 22:18 x
私が好きだった作詞家さんは松本隆さんです。
聖子ちゃんの「赤いスイートピー」を書いた人。
言葉に景色があるのです。

そう、最近の人でも上手な人は上手です。ポルノグラフィティとか好きです。
Commented by ラッコ庵 at 2010-01-21 23:44 x
この前の「紅白」で坂本冬美が歌ってました。
さびのところに来て、家族全員で「あ、いいちこ!」と叫んでしまいました(笑)
Commented by はみ at 2010-01-23 21:00 x
>「私の文章を読みたかったら買ってください」ってことかなと思っているのですが。
ネタになる内容は、お金になる原稿用にとってあるのかなあと思います(笑)
ブログに書きすぎると、自分で自分の首を絞めることになりそうな気がします。
Commented by foggykaoru at 2010-01-23 21:18
Titmouseさん。
なるほどねえ。
じゃあ、削り落した歌詞を書かない昨今の若いもんがブログに書く文章は短い?(笑)

最近の歌でもいいのはあると思います、もちろん。
でも、ぽーんと頭に入るようなフレーズはあんまりないですよね。
字幕読まないとわからない。
そもそも字幕がイカンのかも?
Commented by foggykaoru at 2010-01-23 21:24
ゆきみさん。
ユーミン作曲の「赤いスイートピー」は違うけど、
松本隆とたぶん一番多くコンビを組んだのは筒美京平。
この2人の曲は「胸キュン」で、もー たまりません。

ポルノグラフィティーは曲も好きです。
でもやっぱり、ぽーんと頭に入るようなフレーズはないのよね。。
やっぱり歌詞を見ないとわからない。
・・・・私の日本語リスニング力が落ちてる?(核爆)
Commented by foggykaoru at 2010-01-23 21:25
ラッコ庵さん。
紅白は後半見たんだけど、坂本冬実は見逃しました。
全然関係ないんだけど、ドリカムが「パナソニック!」の歌を歌ってましたよね。
Commented by foggykaoru at 2010-01-23 21:27
はみさん。
>ネタになる内容は、お金になる原稿用にとってあるのかなあ
ねえ、やっぱりそう思いますよねえ。
歌手だって、自分の歌をネットに無料配信しないですものね。

<< 古典教養そこつ講座 映画「のだめカンタービレ」 >>