人気ブログランキング |

ネヴァーランドの女王

ケイト・サマースケイル著。1999年刊。新刊では買えないようです。

メアリアン・バーバラ・カーステアズ、通称ジョー・カーステアズという、大富豪の女性の伝記。
見開きの説明には「アメリカ生まれのレズビアン。モーターボートレースの英国代表として活躍」などとある。
これだけだとさしてそそられないのだが、新潮クレスト・ブックスというのは、裏表紙に推薦文が載っているのである。
もし、今世紀のある時代にタイムトリップできるとしたら、私は迷うことなく1920年代を選ぶだろう。
1920年代。この言葉にやられた。

ジョーは1900年生まれ。自分を女だと思ったことが一度もなかった。今やよく知られるようになった「性同一性障害」だったのだろう。彼女にレズビアンの手ほどきをしたのは、オスカー・ワイルドの姪なんだとさ。舞台はパリ。第一次世界大戦で痛手をこうむりながらも、最後の輝きを放っていたパリ。だからいろんな人が集っていた。アメリカの大富豪の跡取り娘も。
かつ、戦争で多くの男性が命を落としたため、女性の労働力が必要とされていた。

このあたりの描写はかなり個人的にツボ。というのは、(この本では出てこないけれど)ココ・シャネルとリンクしたから。シャネルが創造したのは、男性不足のこの時代、家庭の外に出て働き出した女性たちのためのファッションだったのです。。。

脱線しました。
で、そんな中、ジョーは充実した20代を送る。
生来の乗り物好きで、モーターボートに入れ込み、湯水のごとくお金を注ぎこみ、自らモーターボートレースに出場する。
でも、ついにチャンピオンにはなれずに終わる。
そうこうしているうちに、「やっぱり女は女らしく」という風潮になり、自分の居場所を失ったジョーは英領西インド諸島の島を買い、そこに自分の王国を作る・・・

まあそこそこ面白いのだけれど、所詮は暇とお金をもてあましたドラ娘の生涯なわけで、感動するというわけにはいかない。そして、言い古された言葉だが「お金では愛は買えない」のだな、という気分になる。欠落感が伝わってきて、ちょっとつらい。いちばん引いたのが、彼女の無二の親友トッド・ウォドリー卿。これは人間ではなくて、愛人からプレゼントされた人形なのです。どうです、引きませんか?

ジョーの周囲の人間の多くは、麻薬中毒で亡くなっている。大金持ちで働く必要がないという境遇で、前向きで健全な人生を送るのは、非常に難しいことなのかもしれない。そんな中、決して麻薬に手を出さず、93年の生涯をまっとうしたジョー。これはもしかしたら偉いのかも。

というわけで、そんなにお薦めというわけではないのだが、この本の222ページの1文をご紹介するのは私の義務なのだろう。
こうした海賊ゲームには、アーサー・ランサムの『ツバメ号とアマゾン号』の気分も多少入っていた。
おお、ランサムはいろんな人に影響を与えたのね!と、感慨を覚えるのだが、この病的なジョーが自分をナンシイになぞらえたなんて、考えたくもない。だからあんまり嬉しくない。

ここで一句。

嬉しさも 中くらいなり 言及も・・・ひじょーにおそまつ!

by foggykaoru | 2010-02-10 20:31 | 伝記・評伝

<< 中国の書店にて(3): 面白い... ケストナー >>