人気ブログランキング |

シャーロック・ホームズ観ました

ただ今、ちょっと暇なのです。
でも旅に出るほどの時間はないので、映画を観まくっていて、この映画も2回目を鑑賞。

グラナダTVのホームズが大好きだったので、ちょっとどうなのかな?という不安があったのですが、ホームズ関係の先輩(爆)のご意見をうかがったところ「パスティーシュとして観ればなんにも問題なし」とおっしゃったので、意を強くして観てみました。
観始めたらスピードについていくのに忙しくて、気にしてる暇がなかった(苦笑)

19世紀末のロンドンの雰囲気がよく描けていると思いました。
不安と混沌の渦巻く世紀末。オカルトが流行ったのですよね。ドイルもハマった。
(しかしまた出てきたあの団体。便利な存在ですな)
産業革命の進行とともに、どんどんすすけていったロンドン。
ついには漱石の神経をも冒してしまったという、暗くて汚いロンドン。
タワーブリッジは建設中。
そして帆船だらけのテムズ河。ランサマイト必見です。

「ワトソンがかっこよすぎる」という評もあろうかと思いますが、かっこよくて何が悪いのでしょうか。つくづく考えるに、グラナダTVのワトソンは間抜けすぎだったのかも。「原作に二枚目とは書いてない」という批判は的外れです。なにしろホームズの活躍の記録を残したご本人なのですから、自分のことをかっこよく描くわけがない。そんなこと、紳士にはできません。だから、実際のワトソン(笑)がジュード・ロウばりの二枚目だった可能性は十分にあります。

2回目となると、格闘シーンが長すぎると思ったし、BGMをうるさく感じてしまいましたが、まあいいんじゃないでしょうか。

唯一、不満なのは、ハドソン夫人です。
ホームズが迷惑なことをしても、眉毛をちょっと上げるぐらいで抑えてほしかった。


この映画の公式サイトはこちら

by foggykaoru | 2010-03-30 20:48 | 推理小説

<< エマ モリエール 恋こそ喜劇[追記あり] >>