人気ブログランキング |

いつかきっと役に立つ下見

c0025724_20572272.jpgポストの順番が逆になってしまったのですが、GWのおでかけのご報告。

ヤマネコ号が横浜付近を航行する様子を、もしかしたら見ることができるかもしれないらしいよ、という情報を得て、Tさん、Mさんと一緒にでかけてきました。

桜木町からバスに乗り、「海釣り桟橋」というところで下車。
その名のとおり、釣りをするための桟橋でして、釣りをする人が端から端までぎっちり。うーん日本にもこんな世界もあったのね(最初の写真)

ここから横浜港シンボルタワーというものを目指して、海辺をてくてく15分歩きます。

それにしても、横浜のタワーといえば、昔はマリンタワー、今はランドマークタワーでしょ。誰も知らないシンボルタワーっていったい何なのさ・・・

やがて見えてきました。
先月行った、観音崎の灯台と大差ない感じのちっこい塔が。(2番目の写真)
シンボルタワーとは、要するに横浜港の入口に立っている信号塔だったのです。「入港可」とかいう信号を出すのです。FとかOとかXとか。(どれがどの意味だか忘れました。。)


c0025724_2111875.jpg観光客のための施設ではないけれど、別に見たければ見たっていいよ、という程度のノリなので、展望台までのエレベーターなぞありません。ぜいぜい息を切らせて上り、双眼鏡をかまえて海のかなたを見つめます。

横浜港を出入りする船はほんとうによく見えるのです。(3番目の写真)でも、ヤマネコ号の航路はもっと沖合。海は広いな大きいな。見えるチャンスは万に1つ。見えたら感動するだろう、でも万に1つよね・・・。

というわけで、空振りに終わってしまったのですが、ヨットが出てくるところを見られたし(4番目の写真)、将来「ナントカ号が横浜に来る!」というときに、ここで見張っていれば、帆をあげて走るところを間近に見ることができるわけです。そのための下見だったのですよ、うん。(笑)

c0025724_2142483.jpg

この後、桜木町に戻ろうとしたら、パレードにぶつかって大渋滞に巻き込まれました。歩くほうが絶対に早いという状況が約1時間続き、ロジャも真っ青な腹へらし3人衆は、停留所でもないところでバスを降り、ラーメン屋に飛び込みました(苦笑)

お腹が満たされたところで東急線に乗ってみなとみらいへ。電車は偉大だ。渋滞しない。

定番の日本丸とマリタイムミュージアム改め横浜ポートミュージアムを見て、最後は「光の六つのしるし」ペンダント350円也を購入。
転んでもただでは起きないのよ。(ちょっと違う)

by foggykaoru | 2010-05-06 21:04 | ちょっとおでかけ

<< のだめ最終楽章後編 世界のビールを飲む会 >>