人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ

ただいま渋谷で地味~に公開中のドキュメンタリー映画です。
美術館に関するドキュメンタリー映画としては、数年前に同じく渋谷で地味~に話題になった「ルーブル美術館の秘密」というのがありますが、あれは恐ろしく眠かった。。。

この映画も眠りそうだと思って、二の足を踏んだのですが、メインサイトで「世界の美術館を斬る」なんてコーナーをやってるんだから、観るのは義務(!)かも・・・と思って(←なにを偉そうに)

「ルーブル~」よりは退屈しませんでした。意識を失ったのはほんの一瞬(苦笑)

というのは、「ルーブル~」がルーブル美術館の淡々とした日常を描いた映画なのに対し、こちらは、アムステルダム国立美術館は改装工事にまつわるひと悶着どころか、二つも三つも悶着が重なって、いつまでたっても再オープンにこぎつけられない、というトンデモ事件を描いているから。

最初のクレームがサイクリストの団体から出たというところがなんともオランダだなあと。
なんとこの美術館、建物の真ん中を貫いて道路が走り、その道路は自転車を日常の交通手段とする市民に広く利用されていたのです。
だから、美術館内の動線はいまいちだった。
・・・うん、そういえばそんな記憶がぼんやりとよみがえってきた。観て回りにくかったかも。


でも、その後のごたごたはちょっとねえ・・・。
美観がどうとかいうことは、建築コンペで選ばれた時点でクリヤされているべきじゃないかと。建築家がかわいそう。

フランスはきっとそう。
ルーブルのガラスのピラミッドはまだしも、ポンピドゥー・センターとか、建設の可否に関して広く意見をきいたら、却下されかねなかったと思います。
フランスの場合は国家プロジェクトとして、トップがOK出したら、そのままGO!なのでしょう。あの国はものすごく中央集権的らしいから。

それに比べると、オランダはもっと民主的なのでしょう。
でも、美的なことに関しては、あまりいろいろな部署が口を出さないほうがいいのでは。
今やポンピドゥー・センターに文句言う人いないし。
(ポンピドゥー・センターの画像はこちら


今日の結論:
民主主義ってたいへんだ!

あと
「日本人観光客がたくさん来る」という台詞があるのですが、もはや東洋人観光客イコール日本人じゃないのです。今や日本人の比率は半分以下だと思う・・・ってことをここで言っても意味ないって(苦笑)

この映画の公式サイトはこちら

by foggykaoru | 2010-08-30 20:18 | 観もの・聞きもの | Trackback(6) | Comments(8)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/15038305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2010-08-30 23:53
タイトル : ようこそ、アムステルダム国立美術館へ
1800年に開館しレンブラントやフェルメールと言った偉大な画家の傑作を所蔵するアムステルダム国立美術館。その美術館が2004年から大規模な改装工事に入るものの、様々な難問が立ち塞がり、結果2010年8月現在は工事が中断している。ウケ・ホーヘンダイク監督の4年以上にわたる密着取材で関わる大勢の人間の悲喜こもごもを映し出したドキュメンタリーだ。... more
Tracked from Muses at 2010-08-31 23:47
タイトル : ようこそアムステルダム国立美術館へ
「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」見てきました。公式サイトはこちら 予告編ではかなりタノシイ人たちの心温まるヒューマンドラマ、といった印象を受けますが、実際にはかなり重たい映画でした。以下ネタバ... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-09-22 06:39
タイトル : ようこそ、アムステルダム国立美術館へ
 美術館の裏側を取り扱っているというので、日頃美術館を覗くことが多いこともあって、『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』を見に、渋谷のユーロスペースに行ってきました。 (1)この映画は、老朽化などの問題を抱えるアムステルダム国立美術館をリニューアルしようとする際の騒動を描いたドキュメンタリーです。  すなわち、1885年に建築家ピエール・カイパースによって建てられたアムステルダム国立美術館が、その後の増改築によって迷宮のようになってしまっていたのを、現代の要請に適ったものにリニューアルすべく...... more
Tracked from ヨーロッパ映画を観よう! at 2010-09-25 00:47
タイトル : 「ようこそ、アムステルダム美術館へ」
「Het nieuwe Rijksmuseum」…aak「The New Rijksmuseum」2008 オランダ 監督、脚本にウケ・ホーヘンダイク。 2004年、アムステルダム国立美術館は開館以来初めて大規模な改築工事を始めようとしていた。そして2008年のオープンへ向け館長ドナルド・デ・レーウの指揮の下、スペイン人建築家クルス&オルティスの手になる建設プランが動き始めていた。しかしまず始めに、美術館閉鎖のため通路を通り抜けできない市民たちの猛反発を買うことになる... 美術館v...... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2011-05-22 13:55
タイトル : ようこそ、アムステルダム国立美術館へ
2011年5月21日(土) 16:50~ キネカ大森1 料金:0円(二本立ての二本目) パンフレット:未確認 「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」公式サイト キネカ大森 名画座 美術関係のドキュメンタリー特集。 オランダのアムステルダム国際美術館を改装する。 ど真ん中が自転車の通路になっているそうで、そこの改造をしようとすると市民団体が文句を言ってくる。 政府に建設の許可の書類を求めるも、延々と認可されない。 研究センターのビルの景観が宜しくないと方々からクレーム。 認可され入札を行うも、...... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2012-01-26 22:11
タイトル : 『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』(2008)
2010年のモントリオール国際芸術映画祭で審査員賞受賞の作品です。日本でも同年に劇場公開されています。 フェルメールの「牛乳を注ぐ女」やレンブラントの「夜警」など、自分でも知っているような様々な著名作品を抱え、大英博物館やルーヴル美術館に比肩しうると言われているのがオランダのアムステルダム国立美術館。 ところがここは2004年から改築工事が始まったものの、未だに閉鎖中なのだそうだ。 この作品は本来、改築工事の記録映画となるはずだったのですが、工事は一向に進みません。 国際的なコンペで決...... more
Commented by ふるき at 2010-08-30 21:40 x
 ポンピドーは「工場萌え」を遥か以前に具現化していたのかも知れませんね。
Commented by Tak at 2010-08-30 22:18 x
こんばんは。
TBありがとうございます。

エキサイトブログとの相性が悪く
こちらからTBのお返しが出来ませんがご勘弁下さい。

ほんと、民主主義って大変ですよね!
Commented by むっつり at 2010-08-31 02:57 x
欧米人は基本的に東洋のヒトくくりで区別しませんから
よくて極東
普通の日本人が欧州の括りでしか見ていないのと同じ…
でもユーロの統一圏ですから仕方ないんですけどね

芸術と感性の世界ですから多数決とは相容れませんね
日本でも京都駅が出来た時には散々な評判でしたし、様々な市民団体の反対運動が起こりました

Commented by foggykaoru at 2010-08-31 20:24
ふるきさん。
>工場萌え
そーゆージャンルもあるんだ・・・!
Commented by foggykaoru at 2010-08-31 20:26
Takさん。
>エキサイトブログとの相性が悪く
あらあら、そんなことがあるなんて。

この映画、試写会でご覧になったなんて、さすがです。
Commented by foggykaoru at 2010-08-31 20:27
むっつりさん。
一昔前は、東洋人の顔をしていれば、たいてい日本人だったからしょうがないとは思うんですけどね。
>欧州の括り
というか、「欧米」の括りでしょう。
Commented by KLY at 2010-09-01 01:05 x
そうそう「ルーブル美術館の秘密」は恐ろしく眠かった!というか半分ぐらい寝てた気がします。(苦笑)
それに比べたら全然ですよ。基本が記録映像用だっただけあって、携わる人々の裏側があまりにモロで面白いです。みんな油断しすぎだろ~とか思いましたけどね。(笑)
今現在まだ開館してないらしいですけど、一体どーなってるんでしょう。館長は今頃ウィーンで高見の見物なのかな…
Commented by foggykaoru at 2010-09-01 20:23
KLYさん。
TBとコメントありがとうございます。
そしてKLYさんのポスト自体に感謝です。
というのは、こんな映画が公開されているなんて、KLYさんのブログを見るまで知らなかったからです。

日本人から見れば、たいていの欧米人はクセが強いのだろうと思いますが、その中でも、あの館長は特に曲者なんでしょうね。。
建築家はかわいそう(←こればっか)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オペラの運命 ベトナム語のしくみ >>