人気ブログランキング |

ヴェニスに死す

1913年にトオマス・マンが発表した有名な小説。
トーマスではなくてトオマスなのである。なぜなら実吉捷郎という人の1939年!!の翻訳だから。
で、2000年改版第一刷。私が手にしたのは第六刷。岩波文庫の優等生ですな。

ずーっと昔、ヴィスコンティが映画化したとき、かなり話題になっていたので、あらすじは知っていたし、映画の美少年がほんとうに美しかったこともよく覚えている。
いずれ読んでみなきゃと思い続けて何十年。
数年前、アドリア海の旅をしたとき、最後にヴェネチアに行って、リドにも足を伸ばした。あーあ、読んでから来るべきだったのに・・・と、ちょっぴり後悔しつつ。

まあ、結論からいえば、リドに行ったあとで読むのも悪くはなかったかも。
この作品が書かれたときと比べて、ぐっと庶民的になってしまっているリド。
なにしろ私なんかが行く(泊ったわけではないけれど)ようになっているんだから、敷居はぐんと低くなっているわけで。
そんなリドでも、知っていて読むと、脳内で貴族度をプラスしてイメージすることができた。

それにしてもこの訳はすごい。
巻末の解説にも書かれているとおり、壮大なる逐語訳。
ドイツ語の原文が透けて見えてくるような感じ。正直、非常に読みにくい。
1文が10行ぐらいになるところもあって、これを真面目に読む根気は私にはなくて、いけないと思いつつがんがん読み飛ばしてしまった。だから実質的には半分ぐらいしか読んでない(苦笑)。読もうと思って買った人のうち、しっかりと読めた人はどのくらいいるのだろう?
それでも、格調の高さは十分に感じられた。

映画で観たいです。そのほうが気楽に楽しめるような気がする。
再読する元気はありません。



この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2010-11-18 20:57 | 普通の小説

<< 「フランス語版のだめ」のインデックス タランと角の王 >>