人気ブログランキング |

ロビン・フッド

某英国児童文学作家ファンクラブの「映画鑑賞支部(爆)」のメンバーたちと一緒に観に行こうということになっていたこの映画、なかなかみんなの都合が合わず、このままだと映画自体が終わってしまう!という話になったので、今日、大急ぎで行ってきました。レディースデイだったしね(^^;

なにしろ主役ロビン・フッドがオーブリー船長もといラッセル・クロウ、相手役マリアンがガラ様もといケイト・ブランシェットなのですから、見逃すわけにはいきません。

いやー、実に面白かった。

西洋史好きのくせに、長らくロビン・フッドとウィリアム・テルの区別がつかなかった私。ジョン王の悪政に苦しむ人々にとっての義賊だったということを、最近ようやくインプットできたのだけれど、ジョン王が出てくるということは、リチャード兄さんや、アリエノール母さんが出てくるということじゃありませんか。つまりは私のツボ・プランタジネット朝のお話だったのでした。

しかも、十字軍遠征に失敗したリチャードがイギリスに帰るとき、ブロセリアンドの森を通るんです。
ブロセリアンドの森の一部がパンポンの森。ここです!!!

でも、個人的にそういうツボがない方にも絶対に楽しめるはず。
とにかく面白いので。

そして映像が美しい。
「騎行といえばローハン軍」であると刷り込まれてしまっている私にとってすら、この映画のイングランド軍の騎行には感動しました。ぜんぜんデジャブじゃなかった。これはすごいことです。監督の力量に感服。

それにしても、英国史関連の映画のフランス人役って、必要以上にラテン顔してる気がする(苦笑)

ところで、パリの地下鉄でこの映画のポスターをしょっちゅう見かけました。
フランス語では「Robin des bois(森のロビン)」というのだな、って思いながら。
ロビン・フッドはフランス人的にもアリですよね。なにしろ悪いのはジョンだから。あんな愚かだったら攻めてくれって言っているようなもんだし。
でもフランスではこの映画のポスターはロビン・フッドのシルエットだけで、誰が出演してるかさっぱりわからないんです。(写真撮ってくればよかった・・・)
ラッセル・クロウ主演ということはあまり公にはしたくないのでしょうか?!



この映画の公式サイトはこちら

by foggykaoru | 2011-01-05 23:14 | 西洋史関連

<< ランサマイトはCoyoteを買うべし あけおめ&「音楽の旅」総括 >>