人気ブログランキング |

佐藤さとるファンタジー全集11

古本屋で発見。
去年読んだ「わんぱく天国」が収録されている。他に短編が2つ。
どれも「ファンタジー」ではなくて、リアリズムなんだけど。
めったに手に入る本ではないと思って即購入。


「井戸のある谷間」
ほんとうに短い。それに「児童文学」ではないような。でも悪くない。

「秘密のかたつむり号」
かたつむり号とは、空き地で見つけた廃車。それが子どもたちの秘密基地になる・・・
これは不覚にも泣いてしまった。
泣くような話じゃないのに。(だから不覚)
読んだとき、たまたまこの話に感応するような精神状態だったんだと思います。

by foggykaoru | 2011-01-15 20:40 | 児童書関連

<< まるでパステル画(爆) フランス語版のだめ vol.1... >>