人気ブログランキング | 話題のタグを見る

訂正。「のだめはもう」ではありませんでした。

えーー、、、
いい加減なことを書いてしまいました。お詫びします。

今日、フランス留学事情に詳しい人と話をするチャンスがあったので、音楽留学のことをきいてみました。
彼女によると、コンヴァトは以前からDELF/DALFのB1レベルを要求しているのだそうです。

ただし、です。
大学間で交流がある場合は、フランス語力は関係ない。
たとえば、桃が丘音楽大学と、どこかの大学が提携(というのかな?)していて、その制度にのっとって留学する場合は、まあ大学のお墨付きだからね、ということで、留学できます。
だから、もしも桃が丘とコンヴァト(こっちは大学じゃないんだけど)がそういう関係にあったとして、のだめがその制度を使って留学したのだったら、あのフランス語力でもOK。

でも、単位を取れなくて留年したのだめに、それはありえないですよね。。


ただフランス側には「DELF/DALFも持っていないで留学しようとするなんてけしからん」と考える人が少なからずいるそうです。
だから、そういった大学間交流の実情は「言わぬが花」。
事情通の彼女も、そういう話はフランス側に流さないようにしているそうな・・・

私の知人のお嬢さんは、高校卒業後、日本の音大に行かずに、すぐにフランス留学しようとしています。黒木くんに面倒かけた里麻ちゃんみたいに。
そういう人はまず間違いなくB1を要求されるのだそうな。

というわけで、どっちみち、のだめはフランス留学できないのです。
「のだめカンタービレ」はファンタジーなのです。
ファンタジーは好きです(^^;

by foggykaoru | 2011-01-21 22:16 | マンガ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/15800597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< すっかり明るくなりました のだめはもうコンヴァトに入れない >>