人気ブログランキング |

自粛なんかしませんよ

c0025724_15242373.jpg

年に数回お誘いのある「ヤマネコ号セーリング」ですが、私が前回参加したのは2008年秋。実に2年半近くのご無沙汰です。
今回は「花見セーリング」と銘打たれ、実はそれがお目当てだった(自爆)のですが、今年は春が遅く、南国伊豆でも桜はまだ一分か二分咲き程度でした。

聞いた話ですが、地震後にヨットで港を出ようとしたときに「非国民」と言われた人がいるとか。
私たちはそんなこと言われませんでしたが。

どうかしてます。
現在の日本において、「日常の活動は推奨」なのに。
某都知事の「花見を自粛せよ」という発言もどうかしてます。
(言われて自粛するのは自粛じゃないということもある)
深夜の馬鹿騒ぎは(震災がなくても)やめたほうがいいと思ってましたけれど、夜間電力は余っているんだから、ぼんぼりつけても大したことないでしょ。
その下をそぞろ歩きして、甘酒でも飲んだりしたほうがいいんじゃないでしょうか。

c0025724_15513075.jpgさて、私たちですが、午前中は風に恵まれ、沼津まで快適な帆走を楽しみました。(左の写真は「帆を上げる作業に忙しい乗組員たち。この写真を撮ってる私は役立たずということです・自爆)

昼食は沼津漁港のすぐそばのお店で海鮮丼。このあたりのお店は、週末ともなると首都圏から美味しい魚料理を食べにくる人々でごった返しているのですが、今回は驚くほどすいていました。なにしろ13人全員が同じ店に入れたのですから。

このポストをご覧になったみなさん、どうぞ沼津に行って魚を食べて、お土産に干物でも買ってきてください。

午後になると南風が強くなり、ヤマネコ号が岸壁に吹き寄せられてしまい、なかなか出港できない。
みんなで岸壁を押して、やっとの思いで出港したはいいものの、その後の航海は強風と大波をついて、文字通り怒涛の旅となりました。
いやーすごかった。怖かったです。
「鬼号の航海ってこんな感じ?」なんてウケてる暇もないぐらい。
私は酔いどめの薬を飲んであったからなんとかもちましたが、「苦しみをともにした」人々もいました。



↓下↓は沼津近くで見かけた看板。思わず注目してしまいました。
c0025724_15581551.jpg


帰りに寄った沼津のコンビニで、納豆やミネラル・ウォーターを買った人もいました。(買いだめじゃありません。あくまでも当座の自分のため。)
私は棚に並んだ成分無調整牛乳を指をくわえて見てました(涙) 美味しいミルクティーが飲みたいよ~

by foggykaoru | 2011-04-03 15:58 | ほんとうの生活

<< グリーン・ノウの煙突 一石何鳥? >>