人気ブログランキング |

ディダコイ

評論社刊。
作者はルーマー・ゴッデン(=岩波書店刊の『人形の家』の作者ルーマ・ゴッデン)。
翻訳者は猪熊葉子。
このラインナップなら絶対に間違いないと思って読んでみた。

舞台はイギリス南部の田舎。
大きな町として、名前だけだがライが登場する。

主人公キジーはディダコイの少女。
(ディダコイとはジプシーと白人のハーフのことなのだそうだ。)
ジプシーであるおばあさんに育てられるが、その後、運命が急変する。
白人の中で生きなければならない彼女の葛藤や苦しみ。
彼女にとって、白人に同化するということは、ジプシーとしてのアイデンティティを捨てることなのだから。
周囲の大人たち、子どもたち。
ジプシーをさげすむ人もいれば、理解しようとする人もいる。
いじめもある。

ネタバレしたくないから、これ以上は書きません。
名作です。とにかく読んでみて。

あとがきによると、ゴッデンは1907年生まれ。
幼少時をインドで過ごし、学校教育を受けるために英国に送り返され、大きなカルチャー・ショックを受けたのだそうだ。
『ツバメ号とアマゾン号』が書かれたのが1929年。
ゴッデンの学校生活はそれよりもかなり早い。
ということは、イギリスの大人の多くが大おばさんだった時代。
「異文化理解」など、一般人の念頭にはなかった時代である。

そんな中で苦悩して育ったゴッデンだからこそ、この作品が書けたのだろう。

とにかく読んでみて。


この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2011-04-27 19:47 | 児童書関連

<< 節電生活 単なる思いつきですが >>