人気ブログランキング |

ダーウィンの足跡を訪ねて<追記あり>

長谷川眞理子という動物生態学者が書いた、ダーウィン聖地巡礼記。

もともとダーウィンに興味があったわけではない。(理系は不得意)
この本を手にとったきっかけは100パーセント、ミーハー的興味・・・ナルニア映画でエドマンドくんを演じたスキャンダー・ケインズくんなのです。彼、ダーウィンの子孫なのですよ(苦笑)
この本の中にもスキャンダーくんのお父さんが、名前だけですがちらっとだけ出てきます。

基本的に旅行記なので、英国好き、旅好きにお薦め。
そういう人にとってのツボがたくさん。

彼の生まれ故郷のシュルーズベリー、学生時代を過ごしたエジンバラ、ケンブリッジ、そしてビーグル号で訪れたガラパゴス諸島、ロンドン、結婚生活を送ったケント州のダウン、さらには体調を崩して療養のために訪れたモルヴァーン、イルクリー、彼が葬られているウェストミンスター寺院が紹介される。

で、最初のツボはやっぱりシュルーズベリー。
カドフェルの聖地になるずっと以前から、ダーウィンの聖地だった。なんだか感慨が深い。

ダーウィンの父は医者。地方の名士。
そして母の実家はあのウェッジウッド家。
どっちを見ても大金持ちなので、一生涯働かずに研究三昧の暮らしができた。
優秀な人が経済的に恵まれると、世の中のためになる。

ガラパゴス諸島ももちろんツボ。
イグアナにはリクイグアナとウミイグアナがいる。
以前観た映画に、「イグアナは泳がない」と言ったとたん、泳ぐイグアナを発見して興奮する船医が出てきましたっけ。
彼もまた標本を持ち帰りたかった。
敵船を見つけてしまったから果たせなかったのだけれど、もしもそういうアクシデントがなければ、ダーウィンより先に標本を持って帰ったのかしら(←ありえない!)

ダーウィンは自分の学説が聖書の教えに反するということに、非常に煩悶して、おそらくそのせいもあって後半生はいつも体調が悪かったらしい。
そのへんのこと、キリスト教徒でないからピンとこないんだわ。
でもスキャンダー・ケインズくん、「僕はダーウィンの子孫だから無神論者だ」と言っているということをどこかで読んことがあったっけ・・・と思い当たったのでした。

Wikipediaによると、スキャンダーくんは現在ケンブリッジでお勉強中だそうです。


[5/22追記]
ツボはまだまだあったのでした。

以下は備忘録。
1)映画「アメイジング・グレイス」の主人公の名前も出てきました。
2)ダーウィンの妻エマはピアノをショパンから習っていたそうな。(さすが名門)
本や映画で断片的に得た知識が結びつき、近代ヨーロッパのことが少しずつわかってくる感じがします。

この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2011-05-22 11:19 | 伝記・評伝

<< 神かくし フランス語版のだめ vol.1... >>