人気ブログランキング |

クロノスの飛翔

中村弦著。
2008年に建築にまつわる作品で日本ファンタジーノベル大賞を受賞したこの人、私はちょっと注目しているのですが、1年に1作しか書かない(少なくとも今のところは)という寡作な作家なので忘れかけていて、久しぶりに行った本屋で偶然見つけました。ああよかった。

クロノスとは、なんと伝書バトなのです。もうそれだけでランサムファン必読です。
しかも大活躍する。私に言わせれば主役です。あっ、だからタイトルになったのか(笑) 
読み終わったとき、クロノスのファンになってました♪

伝書バトが昔はどれほど重要な通信手段だったかを知らない人には、新鮮な驚きが多いかも。

ただし、帯(裏表紙にわたっているほう)はネタバレなので読まないほうがいいです。
私は表しか見ないで買って、(頼んだわけじゃないのに)その場でカバーをかけられてしまったので、佳境に入ったときの感動は相当なものでした。
あの本屋のカバー、過剰サービスだと思っていたんだけど、今回ばかりはニッポンの本屋に拍手!(爆)

ちょいと「公安もの」が入っているので、最初のうちは、以前けっこう読んでいた逢坂剛とか高村薫を思い出したりしました。最終的には全然似てないんだけど。なにしろファンタジー大賞取った人だから。

この作家の特徴は読んだあと、心がほっこりするところ。
その温かさを甘さと見て、批判する人もいるかもしれないけど、私は好きです。
高村薫よりも10倍好き。
あの人の作品はすごいけど、読んだ後どうしようもなく憂鬱になっちゃうから読むのをやめたのよ。

この本に関する情報はこちら









「地図」というのがちょっと弱いと思います。
無くてもなんとかなるんじゃない?と突っ込みたくなる。

でもクロノスが素敵だからかまわないです。

あるときはホーマー
あるときはサッフォー
しかしてその正体は・・・?
クロノスです(爆・爆・爆)

by foggykaoru | 2011-06-16 20:28 | 普通の小説

<< いわゆる拡散希望 ケンブリッジのカレッジ・ライフ >>