人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ベートーヴェンの生涯

前項の本、読み返すたびに感心します。(ほんっとに大人の小説だわ。)何回も読み返していたため、他の本のご紹介が遅れました。でも今日のこの本もお薦めです。

======

モーツアルトの生涯についてはいろいろな人が書いているし、映画(『アマデウス』ですね)やミュージカルにすらなっている。ミュージカルなんて、本場ウィーン製だけじゃなくて、フランス製のまであります。でも、ベートーヴェンはというと、ロマン・ロラン作「ベートーヴェンの生涯」ぐらいしか思いつかない。(とか偉そうだが、実は未読である(汗))

この差は何?
たぶんモーツアルトは絶頂期に死んだから、人々のロマンを誘うのだろう。

個人的にはモーツアルトの音楽よりもベートーヴェンのほうが好きかもしれない。温かみを感じるのよね。とか言いつつ、そんなに詳しいわけじゃない。

1770年、ボンに生まれたベートーヴェンは、幼い時から才能を発揮、1797年、ナポレオン戦争の混乱を避けてウィーンに移住。それは神童モーツアルトを失ったウィーンが、新しい才能を求めていたまさにそのときだった。人気音楽家としての地位をすぐに確立できた。そして、結婚もせずに、一生を終える。

とまとめてしまうと、確かにどうってことない。悪妻コンスタンツェとか出てきたほうが、派手で面白い。
のだけれど、なかなかどうして、ベートーヴェンの生涯も面白いのである。

確かに独身のまま生涯を終えた。怖い顔でもじゃもじゃの頭だし。耳も遠かったから、気難しくもなるよね。
でも実は、もともととても魅力のある人だったようだ。深い精神性が顔に現れていたんだそうな。

新書ながらも読みごたえ十分。特に西洋史好きの人、だまされたと思って読んでみて。


この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2011-07-03 10:01 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/16549428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2011-07-03 12:54 x
ベートーベンって、気難しい顔をしていますけれど、実は女性にモテたと聞いた事がありますが…
でも、手紙には悲観的な事を書いて女性の同情を引いていたりして
まるで太宰治…

俗説ですから、どこまで信じてよいのか判りませんよね
Commented by foggykaoru at 2011-07-04 21:14
むっつりさん。
確かに女性に縁が無かったというわけじゃないみたいです。
ただ、自分よりも身分が高い女性に憧れても、「身分違い」ということを痛感させられて・・・ということもあったような。
王侯貴族とつきあうことが多かったから、そういう状況があっても不思議はないですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シャーロット・ドイルの告白 聖人と悪魔 呪われた修道院 >>