人気ブログランキング |

肩胛骨は翼のなごり

これもキャンプ前に読んだ本。

======================

最近、周囲でこの本が話題になり、「なんたる題名! でも面白そうだな」と思っていたら、ひょんなところで別方面から貸してもらえた。
原題は「スケリグ」。
主人公の少年の名前がマイケル。スケリグ・マイケル。そうかー

ジュブナイルです。ファンタジー仕立てで。
でも、結局どうなったんだ?と、理屈っぽい人は不満を覚えるかも。
味わいを楽しむ物語です。
でも、匂いとか、みょーに現実感があります。そう、匂い。

貸してくれた人曰く「私のいちばんのお気に入り」なんだそうです。
確かに素敵な話。私も気に入りました。

翻訳にカタカナが多すぎるのがちょっとね。
ブラックバードってのはいただけない。
昔、何かを読んだとき、この単語は「ムクドリ」だった。
辞書を引いてみたら、正確にはムクドリではないらしいけれど、せめて訳注をつけてちょうだい。
リフトが止まってケージから降りるってのも。エレベーターでしょっ!


この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2011-07-26 19:32 | 児童書関連

<< アウシュヴィッツの音楽隊 英国メイドの日常 >>