人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スローカーブを、もう一球

アスリートに取材した、とても有名なノンフィクション短編集。
著者は山際淳司。この人、若死にしてしまいましたね(合掌)
当然(と言ったら失礼かも)、ユーズドでしか入手できません。

『江夏の21球』あたりは、たぶん大昔に読んだことがある・・・と思う。
もしかして、この本自体も既読だったりして(苦笑)

有名人をメインに据えた話は『江夏~』のみ。
それ以外はみんな、そこそこ行けたけれど名をはせるまでにはいかなかった人々の話。

面白いです。

スポーツと対峙することによって、人はそれぞれ何かを学ぶのです。
たとえ名声や社会的地位は得られなくても。
対峙するのはスポーツでなくてもいいのかもしれない。
スポーツだとわかりやすいのかも。

by foggykaoru | 2012-06-20 20:36 | ルポ・ノンフィクション | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/18127595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 図書館戦争 革命のつばさ ミッドナイト・イン・パリ >>