人気ブログランキング |

ボクたちクラシックつながり

最近ばたばたしておりまして、微妙にネット落ち状態です。
読んだのに感想文を書いていない本が3冊。まずは第一弾。

============

副題は『ピアニストが読む音楽マンガ』
ピアニスト青柳いづみこによる軽いエッセイ。
音楽マンガとは『のだめカンタービレ』『神童』『ピアノの森』の3作品のことなのだが、8割がたは『のだめ』関連の話である。

同じ著者による『翼のはえた指』とは比べものにならないくらい軽~い本だが、『のだめ』ファンには楽しめる。

完結する前に書かれたこの本だが、結びは「音楽でつながっている」
まるで『のだめ』の結末を知っていたかのようなシメに感銘を受けた。

二ノ宮知子さんはほんとうに音楽家の魂を理解して描いたんだな、ということ。
クラシック音楽のプロに受け入れられ、多くのファンを得た理由がそこにある。

『のだめファン』必読、とまでは言わないが、機会があったらご一読を。
(私に会う機会のある方、声をおかけください。お貸しします。)


この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2012-12-08 10:16 | エッセイ

<< ふむふむ おしえて、お仕事! アドリア海の夕暮れ >>