人気ブログランキング |

ウィーン 最後のワルツ

著者はユダヤ人家庭に生まれ、ナチスの侵攻とともに英国に亡命し、名前もゲオルグ・クラールからジョージ・クレアに変えたという人。
彼の曽祖父の成功に始まり、ホロコーストの悲劇に終わる家族の年代記。

ウィーンに住み、オーストリア化したユダヤ人の暮らしぶり。
すっかりなじんでいるようでも、なにかと差別される。たとえば出世とか。
それはそれとして、その生活に満足し安定していた家庭が音をたてて崩れていく。

ナチス化したウィーンがすっかり反ユダヤの空気になってしまったのに、同時期のベルリンでは何事もなかったかのような雰囲気だった、というのが興味深い。
本家本元よりも、出先のほうが尖鋭的になる、ということはよくあるものだ。

良い本です。
でもとても地味です。読みにくくはないけれど、淡々とした筆致。そして厚い。
古本屋で何の気無しに買ったはいいものの、なかなか読めず、半年くらいほうってありました。
英米独では大ベストセラーになったそうですが、日本の熱帯雨林にはレビューが1つもありません。日本人には身近な話ではないから大して売れなかったのでしょう。もちろん絶版です。ユーズドなら入手可能ですが、私に会うチャンスのある方にはお貸しします。


カテゴリーは「西洋史関連」「普通の小説」にもあてはまるのだけれど、「ルポ・ノンフィクション」にします。
タグは「ドイツ(語)」にします。ごめんねオーストリア。

by foggykaoru | 2013-01-06 11:16 | ルポ・ノンフィクション

<< 世界一周ひとりメシ 映画版『ワン・デイ・モア』に関... >>