人気ブログランキング |

『民衆の歌』英語版とフランス語版の違い

確かこの歌もフランス語では全然違ったっけ、と思い出したので、忘れないうちに書きます。

サビ(この歌の場合、歌いだしの部分)のフランス語版は以下のとおり。
A la volonté du peuple 民衆の意志と
Et à la santé du progrès, 進歩に乾杯
Remplis ton coeur d'un vin rebelle 君の心を反逆のワインで満たせ
Et à demain, ami fidèle.  そして明日に乾杯 忠実な友よ 
                [追記]「忠実な友である明日に乾杯」と訳すべきかも
Nous voulons faire la lumière  我々は光を作りたいのだ
Malgré le masque de la nuit たとえ夜に覆われていても
Pour illuminer notre terre 我らの大地を照らし 
Et changer la vie. 暮らしを変えるために

この歌は、カフェで革命派の学生たちが一杯やりながら、さまざまな意見が出て沸騰している場面で、リーダー格のアンジョルラスが歌い始めるのです。だから「乾杯」。
個人的には「ami fidele 忠実な友よ」のところがツボです。
聴いてみたい方はこちら

続きはこうなっています。
Il faut gagner à la guerre 戦いに勝たなくてはならない
Notre sillon à labourer, 我らの畑を耕し
Déblayer la misère  貧困を一掃するのだ
Pour les blonds épis de la paix  平和という黄金の麦の穂のために
Qui danseront de joie 
Au grand vent de la liberté. 
それは自由という風に吹かれて歓喜に踊ることだろう
[以下サビ]
A la volonté du peuple, 民衆の意志に乾杯
Je fais don de ma volonté. 私は私の意志をさしだそう
S'il faut mourir pour elle, そのために死ななければならないのなら
Moi je veux être le premier, 私は真っ先に死にたい
Le premier nom gravé 
Au marbre du monument d'espoir. 
希望というモニュメントの大理石に刻まれる最初の名前になりたい
[以上サビ]

sillon(畑)という単語は、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」の歌詞にも出てきます。
あの歌はもともとフランス革命の歌。
たぶんフランス人ならそのことを思い出すのでは。(なにしろ私が連想したのだから)



英語版は
Do you hear the people sing?  民衆の歌がきこえるか
Singing a song of angry men?  怒れる人々の歌を歌っている
It is the music of a people  それは民衆の音楽だ
Who will not be slaves again!  彼らは二度と奴隷にはならない
When the beating of your heart  お前の心臓の鼓動が
Echoes the beating of the drums  ドラムの鼓動と響き合うとき
There is a life about to start  始まろうとする1つの命がある
When tomorrow comes!  明日が来るとき

無意味な繰り返しが多い。
浅い。そしてフランス語版に色濃く漂う悲壮感がほとんど消えている。

そう。
このミュージカルはフランス語で上演すると、全体の雰囲気が英語版よりもかなり暗くなるのだろうと思います。
どちらが良いとか悪いとかいう問題ではなく。


歌詞の翻訳は難しいです。
無意味な繰り返しと言ったけれど、歌うと調子がいいのだから、上手な翻訳だと思います。
内容的に浅くなってしまうのは歌詞の翻訳の宿命かも。


関連記事
偉大なる日
映画版『ワン・デイ・モア』に関する考察(?)
ガヴロッシュ歌う『ちびっこ仲間』英仏版の違い

by foggykaoru | 2013-01-12 00:08 | 観もの・聞きもの

<< もうひとりのシェイクスピア 秘密結社 >>