人気ブログランキング |

もうひとりのシェイクスピア

あっという間に公開が終わりそうなので、大慌てで観てきました。

劇作家シェイクスピアは実在しなかった、その正体はオックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアだった、なぜ彼が名前を偽ってまでして戯曲を発表したのか?という話。

それ以上の予備知識を入れないで行ったら・・・

うわ~びっくりした。面白かった!!

最後まで目が離せません。
イギリス好き、西洋史好き、そしてシェイクスピア好き必見。

ただし、けっこうわかりにくいです。
観終わってから頭の中に「?」が渦巻いてしまい、公式サイトを確認してようやくすっきりしました。
だから、これから観る人には予習していくことを薦めます。
公式サイトのあらすじを半分ぐらい読んでいったほうがいいのでは。(全部読むとネタバレが激しすぎるので注意)
少なくとも「人間関係」は確認しておいたほうがいいです。

混乱を引き起こす第一の要因は、
エリザベス女王とオックスフォード伯が恋愛関係にある(←映画の創作です)のだけれど、この2人の役を、若いときと年を取ってからとで2人の役者が演じていて、しかもいきなり過去の回想になったりする。
女王だけははっきりわかるんだけど。
(なんとヴァネッサ・レッドグレーブとその娘が演じている)

第二の要因。
エセックス伯の存在です。
この人もエリザベスの恋人で、彼関連のすったもんだ(←こっちは史実です)も登場する。

というわけで、とても面白いのだけれど、日本人にとって敷居が高い映画だから、すぐに公開終了してしまうのでしょう。

あと、私にはほとんどわからなかったのだけれど、オックスフォード伯の台詞の中にはシェイクスピアの作品中の台詞の引用が(たぶん)けっこうあって、知っている人なら「にやり」とする場面があるのではないかと。


ご参考までに
・Wikiのシェイクスピア別人説はものすごく力が入ってます。
「エリザベスとエセックス」という本もあります。シェイクスピアもオックスフォード伯も登場しませんが。

by foggykaoru | 2013-01-13 21:05 | 観もの・聞きもの

<< 身体のいいなり 『民衆の歌』英語版とフランス語... >>