人気ブログランキング | 話題のタグを見る

もうひとりのシェイクスピア

あっという間に公開が終わりそうなので、大慌てで観てきました。

劇作家シェイクスピアは実在しなかった、その正体はオックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアだった、なぜ彼が名前を偽ってまでして戯曲を発表したのか?という話。

それ以上の予備知識を入れないで行ったら・・・

うわ~びっくりした。面白かった!!

最後まで目が離せません。
イギリス好き、西洋史好き、そしてシェイクスピア好き必見。

ただし、けっこうわかりにくいです。
観終わってから頭の中に「?」が渦巻いてしまい、公式サイトを確認してようやくすっきりしました。
だから、これから観る人には予習していくことを薦めます。
公式サイトのあらすじを半分ぐらい読んでいったほうがいいのでは。(全部読むとネタバレが激しすぎるので注意)
少なくとも「人間関係」は確認しておいたほうがいいです。

混乱を引き起こす第一の要因は、
エリザベス女王とオックスフォード伯が恋愛関係にある(←映画の創作です)のだけれど、この2人の役を、若いときと年を取ってからとで2人の役者が演じていて、しかもいきなり過去の回想になったりする。
女王だけははっきりわかるんだけど。
(なんとヴァネッサ・レッドグレーブとその娘が演じている)

第二の要因。
エセックス伯の存在です。
この人もエリザベスの恋人で、彼関連のすったもんだ(←こっちは史実です)も登場する。

というわけで、とても面白いのだけれど、日本人にとって敷居が高い映画だから、すぐに公開終了してしまうのでしょう。

あと、私にはほとんどわからなかったのだけれど、オックスフォード伯の台詞の中にはシェイクスピアの作品中の台詞の引用が(たぶん)けっこうあって、知っている人なら「にやり」とする場面があるのではないかと。


ご参考までに
・Wikiのシェイクスピア別人説はものすごく力が入ってます。
「エリザベスとエセックス」という本もあります。シェイクスピアもオックスフォード伯も登場しませんが。

by foggykaoru | 2013-01-13 21:05 | 観もの・聞きもの | Trackback(3) | Comments(4)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/19130783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ヨーロッパ映画を観よう! at 2013-01-15 23:25
タイトル : 「もうひとりのシェイクスピア」
「Anonymous」 2011 UK/ドイツ/USA “匿名の”という原タイトル…数々の名作を後世に残した偉大なる劇作家ウィリアム・シェイクスピア…彼の戯曲は別人が書いたという説があった。 1.彼自身による自筆の原稿は存在しない 2.公式の文書には6つの違った署名が存在する 3.遺言書は本や戯曲のことに一切触れていない “果たして彼は本当に存在したのだろうか?”… 確かに怪しい。そしてシェイクスピアの戯曲を書いたのはオックスフォード伯エドワードという設定で物語は進んで行く... ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2013-01-17 06:07
タイトル : もうひとりのシェイクスピア
 『もうひとりのシェイクスピア』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)シェイクスピアについては、戯曲とソネットが残っているだけで、その実像が全く分かっていないことから、例えば日本の東洲斎写楽のように(注1)、その人物について色々な説が立てられているよう...... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2013-04-14 22:58
タイトル : 映画『もうひとりのシェイクスピア』を観て
12-103.もうひとりのシェイクスピア■原題:Anonymous■製作年、国:2011年、ドイツ・イギリス■上映時間:129分■観賞日:12月22日、TOHOシネマズシャンテ■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督・製作:ローランド・エメリッヒ◆リス・エヴァンス(オックスフォ...... more
Commented by veronica at 2013-01-14 13:38 x
かおるさん、お久しぶりです。

この映画、皆さんに布教していたのですが、反応が無く、ガッカリしていました。ご覧になった感想を聞けて嬉しいです!
チラシで人物相関図を確かめて行ったのですが、イマイチ分からなかった所もあり、Wikiなどで勉強?して2回目を見ました。
ローランド・エメリヒとは思えないような、面白さ。

この映画といい、『ホビット』といい、私が面白いと思う映画の入りが悪く、早々に打ち切りになってしまうのは・・・・・(涙)
Commented by foggykaoru at 2013-01-14 16:49
veronicaさん。
おお、この映画ご覧になったのですね!

この映画は唐突にエセックス公が女王の彼氏として登場して、唐突にアイルランドに送られて、その間にオックスフォード公の彼氏としての過去と現在がちりばめられているあたりが難しい。
(教養ある)英国人なら大河ドラマを観るノリでついていけるのかもしれないけれど。

ほんと、ホビットもすごく出来がいいのに苦戦してますね。
レミゼとぶつかったのがまずかったかも。
Commented by margot2005 at 2013-01-15 23:30
こんばんは。
シェイクスピア別人説は前から論じられているそうですね。
本作の主人公オックスフォード伯が一番それらしいようにも思えます。映画をみたからかも知れませんが...。
時代物大好きなのでその世界を堪能しました。そしてリス・エヴァンスのノーブルな姿にはほれぼれでしたわ。
Commented by foggykaoru at 2013-01-16 20:40
margot2005さん。
私もwikiを読んだ限りでは、オックスフォード伯説がいちばん説得力があるような気がします。
エリザベスとの関わりはともかくとして。
この映画、悪役もよかったですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 身体のいいなり 『民衆の歌』英語版とフランス語... >>