人気ブログランキング | 話題のタグを見る

リチャード三世「殺人」事件

最近、リチャード三世の遺骨が発見されたというニュースがありましたっけ。
この本を手にとった第一の理由は「リチャード三世」。『時の娘』へのオマージュだ、とか書いてあったということもある。
さらに作者がエリザベス・ピーターズという人だった。
一瞬「カドフェル」の作者エリス・ピーターズと間違えそうになったってことです。

リチャード三世マニアのことをリカーディアンというのだそうで。
リチャードはあんな悪人じゃなかった! すべてはチューダー朝のでっちあげだ!!という人々。
そのリカーディアンの団体のイベントの最中に、奇妙な事件が立て続けに起こる、というお話なのですが

うーん・・・
という感じでした。
半身浴のおともを必要としているから読んだけど、そうでなかったらやめたかも。

何なんだろう。
まず、語り手の男性がいまいちだということだけは言える。

「リカーディアンの団体」という設定自体はとても気に入ったんですけどね。


この本はユーズドでしか入手できないようです。

by foggykaoru | 2013-05-02 22:50 | 推理小説 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/19988031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2013-05-03 08:01 x
少し前のニューズウィークと言う雑誌に遺体の写真が載っていましたよ
切断された足はなく、大きく曲がった背骨…
満身創痍の戦士ですね
将が最前線で戦っていたのですから、ふだんの人格はともかく勇猛果敢な人物であった事は間違いないと思われます
Commented by foggykaoru at 2013-05-03 22:06
むっつりさん。
ぢつはニュースの中身をあんまり読んでいなかったもので・・・
>大きく曲がった背骨
ほんとにそうだったんですか!
チューダー朝のでっちあげではなかったんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 神去なあなあ日常 六本指のゴルトベルク >>