人気ブログランキング |

「キングダム・オブ・ヘブン」の役名について

なにゆえにバリアンがバリアン・ディブランではなく、バリアン・オブ・イベリンなのか?
なにゆえにギーがギー・ド・リュジニャンなのか?

気になったので、公式サイトの各国語版を見てみました。中国語やハングルもあったけど、そちらはとんとわからないので、チェックしたのは横文字の言葉だけ。

しかし、なんと。。。イタリア語が無いんですね。
まさかイタリアでは公開されてないなんてこと、ありませんよね。
スペイン語については、スペイン本土(カスティリア)と南米の二つの版があるのに。

で、結果です。

バリアン・オブ・イベリン
(英)Balian of Ibelin
(独)Balian von Ibelin
(仏)Balian of Ibelin
(西)Balian de Ibelin
(ポ)Balian of Ibelin

ゴッドフリー・オブ・イベリン
(英)Godfrey of Ibelin
(独)Godfrey von Ibelin
(仏)Godfrey of Ibelin
(西)Godofredo de Ibelin
(ポ)Godfey of Ibelin

きちんと自国語に訳そうとしているのはドイツ語とスペイン語だけ。他ではなーんも考えてない模様。

ホスピタラー
(英)Hospitaler
(独)Johanniter
(仏)Hospitaler
(西)El Hospitalario
(ポ)Hospitaler

このホスピタラーって何者なんだか、いまだにわからないんですけど。
で、ドイツ語の「ヨハンニテール」って何?

ギー・ド・リュジニャン
(英)Guy de Lusignan
(独)Guy de Lusignan
(仏)Guy de Lusignan
(西)Guy de Lusignan
(ポ)Guy de Lusignan

驚くべき結果です。
この人の名前を自国語に訳そうとする国はなかった。
ということは、よっぽど有名人なのですね!

それにしても、日本とポルトガルが英語どおりなのはともかく、フランスの配給会社が何一つ手を加えようとしなかったなんて。
この無為無策というか、やる気の無さは何なんでしょう?
だって、出てくるヨーロッパ人、みんなフランス系なんですよ。

でも、タイトルを見たときから、やる気なさそうな感じはしていたんですけどね。

キングダム・オブ・ヘブン
(英)Kingdom of heaven
(独)Konigreich der Himmel
(仏)Kingdom of heaven
(西)El reino de los cielos
(ポ)Cruzada(=十字軍)

なんと! 
ポルトガルでさえ、ちゃんと自国語にしてる。。。
日本と並んで英語べったりなのが、フランスだったなんて! 
あり得ないーー! いったいフランスはどうしちゃったのでしょう?

エンドロールで「リチャード獅子心王」、どう書いてあるのかご存知ですか?
Richard the Lion-Hearted じゃなくて、Richard Coeur de Lion、つまりフランス語なんです。

じゃあ、どうしてバリアンはBalian d'Ibelinじゃないんだ!と話はまた元に戻るわけなのであります。。。(苦笑)

by foggykaoru | 2005-06-09 20:57 | バベルの塔

<< フランス語版「キングダム・オブ... 「キングダム・オブ・ヘブン」の... >>