人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新宿の紀伊国屋とはずいぶん違います

新宿の紀伊国屋とはずいぶん違います_c0025724_21134791.jpg今回は大阪でのランサム・チェック!
えっ、いつ大阪に行ったのかって?
行ってませんよ。
「なにわのナンシイ」ことKIKIさんが送ってくださったのです。

以下はKIKIさんのコメントです。

先日、大阪で一番人が入る本屋、梅田の紀伊国屋で児童書コーナーをのぞいたのでご報告いたします。
児童書コーナー自体がそんなに大きくないってのもあるかと思いますが、ランサム本、本当の端っこに1冊だけ・・・(横壁だし)
私までちょっと寂しくなったので思わずパチリと撮って、メールしちゃいました。
大阪だからなんでしょうかねぇ?

ほんと。隅っこで小さくなってる「ツバメ号とアマゾン号」… 
不憫です(;_;)

ナルニアの並び順からして、児童書には気合いが入っていないことがよくわかります。

それと、ナルニアや「トムは真夜中の庭で」が、わざわざケースの中身が見えるように並べられているのに、ランサムだけが逆向きです。
グレーの本体を見せると、却って地味になってしまいますものね。。

赤い背表紙の本は何なんだろ。

by foggykaoru | 2005-06-13 21:20 | ランサム・チェック | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/2044816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なにわのナンシイ at 2005-06-13 23:50 x
赤いのはエンデの「はてしない物語」だったと思われます。
Commented by foggykaoru at 2005-06-14 20:29
なにわのナンシイさん。
おお、すばやい! さすがに反射神経の鋭いナンシイです(^^;
実は密かに「赤表紙本?」とか思ってたのですが、、、エンデでしたか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 牟田口義郎著「物語 中東の歴史... フランス語版「キングダム・オブ... >>