人気ブログランキング |

ちょっと指輪風味

c0025724_23125449.jpg2013年5月刊行。ようやくゲットしました。

略称「海出る」。
子どもの頃、いちばん読み返したのがこの巻。今回読んでみて、常に読み飛ばしていた船関係の記述がほんの少しだけ、前よりわかるようになっていました。
ヨットに乗せてくれた友人たちよ、ありがとう!!

「鬼号」が指輪物語風味の「ゴブリン」になったのはすでに聞いていたので、さしてショックも受けなかったのですが・・・

またまた驚愕の新訳が! しかも誤訳(号泣)、旧訳が正しいのです。(聖地巡礼してきた人の証言&証拠写真すらあります)

神宮先生、お願いです。
どんなことでもいいので迷ったらARC会員に確認していただけませんか? オタクたちは喜んで手伝いますから。




==============

新訳には「フラッシングはヴリシンゲンの英語名なのだ」という1文が加えられています。
これはなるべく現地名を使いたいという意思の現れです。
もしかしたら翻訳業界の趨勢なのかもしれません。

もしもフランス原作の本の日本語訳の中に「イギリスの首都ロンドル」とか、「イタリア北部の大都市チュラン(←トリノのことです)」などという記述があったら、怒りのあまり石を投げたくなるだろうから、それはそれでいいのですが・・・

オランダ語では「v」は「ヴ」ではなくて、「フ」のはず。
Vermeerは「フェルメール」
ゴッホも「ファン・ゴッホ」であって、「ヴァン・ゴッホ」ではない。


あーあ、こんなこと言うと、神宮先生に嫌われるだろうな・・・

by foggykaoru | 2013-07-19 23:21 | 児童書関連

<< 名画で読み解くハプスブルク家1... 明暗 >>