人気ブログランキング |

身体をいいなりにできるか(28)

これは連載記事です。
(1)からお読みになることをお薦めします。
次の記事へのリンクを貼ってあるので、読んでいくと自然にこの記事まで到達できます。

==============

旅の直前に上咽頭の2回目の治療に行きました。
「前回はどうでしたか」
という耳鼻科医の質問に、
「あまりの痛さに動けなくなった」
と答えると、
「前回が10の痛さだったら、たぶん今日は8です」



実感としては半減。
この程度の痛みなら、自分の身体の様子を冷静に観察できる。

帰宅したとき、なんとなく、手足の指先が冷えていることを感じました。
胃も動きがとまっていて、何も食べたくない。
このまま手をこまねいていたら、前回と同じことになりそうな予感。
そう言えば、前回、悶絶して一夜を過ごしたとき、重ね履きの靴下の中の足の指が冷え切っていた。そして激しい頭痛。
きっと痛みに驚いて、全身の血液が首から上に集中してしまったのだ。
(もしかして、「血圧があがってひっくりかえる」という状態だったのかも。低血圧の私には無縁のことだと思っていたけど)

そこでやってみたのが「爪もみ」。
以前、テレビを観ながら真似してやってみたら、身体がポカポカしてきて、冷え症の私には必須のテクだ!と実感したものでした。
やるなら今でしょ!!

爪をもみ、身体に血液が回ってきたのを感じたところで、(食欲はなかったのだけれど)作りおきしておいた具だくさんのスープにパンをひたして食べました。
ほどなく、足先がぐんぐん温まってくるのがわかりました。
そして、それ以上のダメージを受けずに済みました。



そして今日、猛暑の中、三回目の治療に行ってきました。
あの痛みを思うとホントに行きたくなかったんだけど。
「ずいぶんよくなってきたよ」と言われたけれど、やっぱり痛かった・・・
帰り道、地下鉄を待つときから、爪もみ開始。
さらに車内で10分ぐらいやったでしょうか。
身体が温まり、ダメージから回復してきたことがわかりました。

帰宅後、きちんと夕食をとることができ、そして今、これを書いています。
今日のところは、身体をいいなりにできました。



(29)へ続く。

by foggykaoru | 2013-08-09 23:04

<< 『十二国記』読み始めました お知らせ >>