人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「愛」について

ロッシーニの女声合唱曲に「愛」という名曲があります。これは「信仰」「希望」「愛」という宗教的3部作の1つです。

クラシック音楽に造詣の深い友人がこの3部作の蘊蓄を語るのを、「ふむふむ」と聞いていたときのことです。
ふと思いついて「原題はイタリア語の『アモール』なのかしら」と言うと、友人曰く
「違う違う、あれは"La charite"(最後のeの上には右上がりのアクセント記号が付く)、ラ・シャリテなのよ」

ええっ?!

シャリテ・・・
英語のチャリティー。
「愛」とはイメージがかなり異なります。

「ロッシーニ 信仰 希望 愛」で検索したら、こんなページを見つけました。
ほほう・・・。この3部作、友人が言ったとおり、原題はフランス語なのですね。

辞書を引いてみると

(仏)charite
1.愛、愛徳(foi=信仰、esperance=希望と並ぶキリスト教の3対神徳の1つ)
2.思いやり、慈悲心
3.慈善、施し

(英)charity
1.慈善、施し、博愛、慈悲心、思いやり、寛容
2.施し物
3.慈善基金、施療院(療病院!)、養育院、慈善事業
4.キリスト教的愛

宗教曲なのだから、「愛」といっても、たとえば異性間の恋愛などといった、俗っぽい愛ではないのだということは、わかっていたつもりでした。エロスの愛ではなく、アガペの愛。
でも、題名がラブではなくて、チャリティーだと知った瞬間、脳内に流れていたあのメロディーが、がらりと違って聞こえるようになったのでした。より一層清らかで、澄んだものになったのです。

この曲の題名、「愛」より「慈愛」と訳したほうがよかったのではないかしら。。。

もともと日本語に存在しなかった概念を翻訳するのは難しい。
まあ、「愛」自体も翻訳語だそうですしね。
正確に訳せないからといって、「シャリテ」のままにするよりは、「愛」と訳すほうが何十倍もいいのは言うまでもありません。

by foggykaoru | 2005-06-17 21:01 | バベルの塔 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/2071235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lemonodasos at 2005-06-18 07:13
ロッシーニの「セビリアの理髪師」を某所で演奏したことがあります。
昔々のことですが…。聴いてみることにします。
愛がシャリテではピンと来ませんね。ラブではなくチャリティーかぁ。
調べないと分からないことがいっぱいあるのですね。
Commented by foggykaoru at 2005-06-18 20:59
lemonodasosuさん。
友人曰く、「ロッシーニは、ドイツ音楽に牛耳られていた日本では、長いこと無視された存在だった」とか。
実は私自身、ロッシーニの作品としては、「セビリアの理髪師」とこの「愛」ぐらいしか知らないんです。今度CDでも買ってみようかな。
Commented by かすみそう at 2005-08-25 13:39 x
大昔、この三部作を歌ったことがあります。歌詞は日本語でした。
音楽の何たるかをまだ知らない子供のころでしたが、
この曲の美しさに、歌いながら涙が出そうに感動しました。
急に楽譜がほしくなり(昔のはどっかへやっちゃったので)検索して
ここへたどり着き、「愛」がシャリテだと判って目からうろこです。
まさにシャリテ!ラヴではないと子供心に思ってましたが、
慈愛ときいてすっきりしました。
Commented by foggykaoru at 2005-08-25 22:17
かすみそうさん。ようこそいらっしゃいませ。
「(慈)愛」、ほんとうに美しい曲ですよね。
お歌いになったことがあるなんてうかがうと、ちょっと羨ましくなります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< FotRを完璧な作品に近づける... 牟田口義郎著「物語 中東の歴史... >>