人気ブログランキング |

恋する西洋美術史

恋や愛や性をテーマにした西洋絵画や彫刻のお話。
「一つのテーマを追う」タイプの解説だからなのかな。
なんとなく単調で退屈だった。
でも、電車で読んでいても乗り越す危険がなくてよかった。(をい)

池上英洋著。
「高階さん以後」のこのジャンルを背負う人々の中の一人なのかもしれないけれど、もうこの人の本は読まなくていいかな、、、などと思ってしまった。


この本に関する情報はこちら
レビューでは好評なんだよね・・・

by foggykaoru | 2013-12-01 19:37 | 西洋史関連

<< 謎解き西洋絵画 身体を言いなりにできるか(32) >>