人気ブログランキング | 話題のタグを見る

専門書店とフツーの書店はこんなに違います

専門書店とフツーの書店はこんなに違います_c0025724_2071596.jpg銀座の「ナルニア国」に行ってみたら、動きがありました。

以前から特別扱いされていた「ツバメ号とアマゾン号」の隣りに、「海に出るつもりじゃなかった」もあります。

なぜ「海出る」が? 
別に文句付けてるわけじゃありませんけど。
でもなぜ「海出る」なの?

店員の趣味でしょうか? 

だったらお友達になりたいわ(笑)
専門書店とフツーの書店はこんなに違います_c0025724_20105217.jpg
「ナルニア国」がそんじょそこらの書店と違うのは周知の事実ですが、今回はさらなる証拠写真を撮ってきました。

右をご覧下さい。
ランサム・サガの原書です。
しかもハードカバーですよ!

で、そんじょそこらの書店との比較をしてみましょう。

専門書店とフツーの書店はこんなに違います_c0025724_20162363.jpg左の写真は、銀座最大の書店と自慢してる「ブック・ファ○スト」の児童書コーナーです。

せっかく復刊したというのに、「ツバメ号とアマゾン号」が1冊あるだけ。
でもまあ、児童書コーナーがあるだけでも立派なのかな。
横が壁じゃないし(苦笑)

そうそう、今「ナルニア国」が力を入れているのは、当然のことながら「ナルニア国ものがたり」の特設コーナー。なのに、そっちの写真を1枚も撮ってこない私って・・・(自爆)

by foggykaoru | 2005-06-22 20:31 | ランサム・チェック | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/2112187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kali at 2005-06-23 08:22 x
をををを!
ランサム・サガの原書なんですね!初めて見ました(嬉)。
ピーターダックだけはわかったんですが、他の二冊ははたしてどの本なのでしょうか?
和書の表紙の色、もしかして原書と連動しているのかしら?
だとしたら、黄緑は無法者で、ピンクはミスィー・リー?

ちなみに家の近くの書店はフツーの書店なので、「ツバメ号とアマゾン号」が一冊だけおいてあるのみでした(涙)。
それに「ボガード」や「たんぽぽのお酒」は見当たりません(涙)。
「ツバメ号とアマゾン号」の横が壁であったかどうかは、今度しらべてみますね(笑)。
Commented by KIKI at 2005-06-23 20:49 x
>動きがありました。
ってストーカーっぷりにもほどがあります!(笑
Commented by foggykaoru at 2005-06-23 21:02
kaliさん。
あのハードカバーは1・2・3巻でした。ご期待に添えなくてごめんなさい。
>「ツバメ号とアマゾン号」の横が壁であったかどうかは、今度しらべてみますね(笑)。
をを! ありがとうございます(爆・爆)
Commented by foggykaoru at 2005-06-23 21:03
KIKIさん。
いや、毎日張っていて、ようやく動きがありました!というわけじゃなくて、何ヶ月かに1ぺん、銀座に出たときに見にいってるだけです・・・って十分にストーカーでしょうか?(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Musical Baton アイルランドは再訪したい国です >>