人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自由人は楽しい

副題は「モーツアルトからケストナーまで」

池内紀の本。
この人の本は間違いないと思って古本屋で購入。
NHKのラジオ番組でしゃべったこと(なんと台本無しで!)を本にまとめたとあって、とても読みやすい。

ドイツ・オーストリアの18世紀から19世紀にかけての有名人---モーツアルト、ゲーテ、ロートシルト、グリム兄弟、シュリーマン、トーマス・マン、ヘルマン・ヘッセ、ケストナー---の人生と人となりを語っている。
一番面白かったのはロートシルトかも。ロスチャイルドのことです。知らないことばかりだったし。
いまひとつだったのは最後の2人。特にケストナーはどうってことなかった。たぶん、(私にとって)新しい情報があまりなかったからでしょう。
あとは程度の差はあるけれど、けっこう面白かった。
でも全部忘れてます(涙)

ユーズドでしか入手できません。

by foggykaoru | 2014-12-06 19:52 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/23173718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 身体を言いなりにできるか(40) 似ッ非イ教室 >>