イミテーション・ゲーム

すごい久しぶりの映画です。今調べたら昨年夏以来・・・ではなくて、実は冬に「ホビット」最終編を観たんでした。ごくごくあっさり観てしまい、ココに感想文を書くことすらしなかったという・・・

この映画の副題は「エニグマと天才数学者の秘密」
面白味はないけれど、内容を的確に表している。

エニグマは第二次大戦中、ドイツが使った暗号。
それを英国の天才数学者が解読したという話。

その天才数学者アラン・チューリングを演じているのがベネディクト・カンバーバッチ。我らがシャーロックです。
変わり者の天才ということで、シャーロックにかぶるところが非常に多くて、俳優としてそういう役どころばかりやるのはどうなのかなと思ったりもしたのですが、いやいや。さすがです。うまい。シャーロックとは違う。歩き方からして違う。チューリングの孤独と悲しみが胸に迫りました。
周りを固めるのも芸達者な英国俳優ばかり。これもツボ。

最近、映画情報を得る時間もあまり持てなかったのですが、タイミングよく自分好みの映画を観ることができました。

2番館に下りているのにえらく混んでました。
やっぱりシャーロック効果?

この映画の公式サイトはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-06 08:24 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/24052771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 母のその後 ガンジス川でバタフライ >>