身体を言いなりにできるか(44)

忘れたころにやってくる(自爆)健康シリーズ。
初めての方は(1)からお読みいただけます。

===============

(43)で「風邪を上手に引く」という話を書きましたが、、、
その舌の根も乾かぬうちに、10月上旬、風邪を引きました。
しかもとても下手くそに。

今回は鼻が中心でした。
鼻水が流れ出してとまらない+全身疲労
上咽頭炎の治療に行けば、すぐに治るかなと思っていたのですが、いっこうに治らず。
「鼻水がとまりません」と耳鼻科医に訴えたら、速攻、抗生物質が処方されました。
普段この先生、「この治療をしていれば風邪なんかすぐに治ります。薬もいりません」と威張ってるんですよ・・・

熱は出ない。相変わらず。
熱さえ出ればウィルスを殺せるのに。
だから長引く。
結局、治るまで2週間も抗生物質を飲んでしまいました。
身体にいいはずがない。
だから、ド下手な風邪の引き方をしたということなのです。あ~あ。

風邪が引き金になって上咽頭炎も悪化し、その後しばらくの間、治療時にかなり痛みました。。


それはそれとして。
前にも書いたと思いますが、私はここ数年、寝ていると足がつる。こむら返りというやつです。
中高年女性によくある症状です。
ものすごく暖かいレッグウォーマーを着用して寝ると、つる確率が下がるのですが、それでもやっぱりけっこう頻繁につる。
それが最近マシになってきました。
きっかけは旅行。

旅の相棒がいくらでも歩く人なので、つきあっていたら、疲労困憊してしまったのですが、その代わり、夜、寝ていても足がつらなかったのです。
そこで、以前からやっていた「壁に手をついて、かかとの上げ下ろしをする(下げたときに床につけない)」という運動の回数をぐっと増やしました。
以前は20回ぐらいしかやっていなかった。(なにしろ退屈なので)
今はちょっとした暇に、なるべくやるようにして、1日合計50回以上やってます。時には100回以上。

それでもまだ時々つるんですけれどね。

あともう一つ、最近、四股を踏む練習をしてます。
これが超ムズい。

普段、優勝候補の取り組みをニュースで見る程度なので、たま~に序の口とか序二段の力士の下手っぴいな四股を見ると、「お前、やる気あるんかい!」と突っ込みたくなっていた私ですが、今だったらきっと暖かい目で見ることができると思います。おお同士!って(笑)

でもすごく身体にいいという実感があります。
興味のおありの方は「四股の踏み方」で検索してみて!




[PR]

by foggykaoru | 2016-11-28 21:16 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/26186326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 宵山万華鏡 娘の味 >>