オーブランの少女

以前読んでいたく感心した「戦場のコックたち」を書いた深緑野分のデビュー短編集。

舞台はフランス、イギリス、アメリカ、日本、そしてどこか北の国。

表題作はカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」に似たイメージ。悪くないけど、グロい。

上手なんだけど、読み返す気にはなれないな。
唯一、北の国の物語だけはちょっとだけ読み返した。
これもグロいというか、あくどい感じなんだけど、一種のファンタジーなので、息抜きができた。

お薦めするのは断然「戦場のコックたち」のほうです。

[PR]

by foggykaoru | 2018-01-17 19:34 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/29153959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 楽園のカンヴァス 卵の緒 >>