楽園のカンヴァス

最近本屋でよく見かける原田マハという人の小説。
古本屋で300円で購入。

なかなかでした。
この人の作品は他のも読んでみたいと思いました。
でも、近所のブックオフでは300円じゃ買えないんです。
どーしよーかなー
えっ、ちゃんと本屋で定価で買えって?(自爆)

美術ミステリーの一種です。
解説はなんと美術界の大御所・高階秀爾先生なのだけれど、彼をして「こんなミステリーは他にない」と言わしめた。

ほんとにそう。
こういうミステリーもあるんだなという感じ。
原田マハってただものじゃない。

でも、ある程度、美術(ルソーとピカソの絵画)の知識がないとちょっと苦しいのかも。
というのは、正月に実家に行くときに持っていって、実家で読み終わったら、母が読み始めたので貸してきたんです。
「面白い。でも難しい。正月休み明けに図書館に行って、画集を見ないとよくわからない」というのが読み中の母の感想でした。

ちゃんと読み終わったのかな。
今度きいてみよう。










[PR]

by foggykaoru | 2018-01-18 22:21 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/29157842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「坊ちゃん」はなぜ市電の技術者... オーブランの少女 >>