人気ブログランキング |

「坊ちゃん」はなぜ市電の技術者になったか

「テツ」として知られる英文学者・小池滋が、日本文学における鉄道ネタを追究するエッセイ。
扱われているのは表題の夏目漱石、田山花袋、永井荷風、佐藤春夫、芥川龍之介、宮沢賢治、山本有三。

おもしろい。
なにしろ「テツ」だから、鉄道ネタを調べるのは全く苦ではないのだろうけれど、日本文学は専門外なのに、ほんとにすごい。
佐藤春夫の「田園の憂鬱」なんて、まさにミステリーの謎解きだし、芥川の「蜜柑」という作品は、その作品の読み方自体が変わるかもしれないような大発見なのではないか。
宮沢賢治についての見方も大納得。

この本を出すきっかけは、表題作のほんの頭だけ、とある雑誌のエッセイとして発表したら、それを読んだ編集者が「こういう本を書きませんか」と企画を持ってきたそうだ。
腕利きの編集者というのはそういうものなんだろうな。

ところで、永井荷風なんて、いまどき読んでる人、めったにいないだろうけど、案外お薦めです。
手にってみて読めなかった作品も少なくないんだけど、「腕くらべ」か「おかめ笹」(←どっちだか忘れた・・・汗)、そして「つゆのあとさき」「墨東綺譚」をこの順番で読んだら、東京という町の変遷がよくわかって、なかなかでした。
水商売の女性を扱った作品なので、学校の先生は決して薦めないでしょうけれど、おとなのあなたにはよろしいかもよ。




by foggykaoru | 2018-01-25 09:51 | エッセイ

<< 女流作家の作品三つまとめてご紹介 楽園のカンヴァス >>