すごい駅!

副題は「秘境駅、絶景駅、消えた駅」

「全駅下車達成者」横見浩彦氏と「秘境駅訪問家」牛山隆信氏のオタク対談。

牛山氏の他の本で紹介された駅がかなり重複して出てくるけれど、もうほとんど忘れちゃってるから問題ない(自爆)

対談時には存在していた駅のうち、少なからずがこの文庫刊行時にすでに廃止されてしまっているのが切ない。
「テツ」じゃない私ですら、「うかうかしてたらなくなちゃうから、急がなくちゃ!」という気分になってしまった。

バス路線もどんどん減っているのだろうな。
テレビでやってる「路線バス乗継の旅」も、年々難易度が上がっているんだろう。



ここから先は脱線。

私は日本の辺鄙なところを旅したことはないが、ヨーロッパの田舎をバスで苦労して回ったことはけっこうある。
ヨーロピアンはみんな車で廻るから、バス便がとても少なくて、ようやく来たバスはがらがら。乗客は私1人だったり。

たとえばポルトガルのモンサラーシュ。
あそこに行くバスは、遠からず廃止になるんじゃないか。
バスターミナルの窓口の人すら、時刻を把握してなかったし。えっ、ポルトガルだから?!(核爆)
自力で行きたい人は急いだほうがいいかもよ。


[PR]

by foggykaoru | 2018-04-06 21:25 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/29417877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ぼくは猟師になった 白洲家関連のお話あれこれ >>