人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ロシア語だけの青春

副題は「ミールに通った日々」
著者・黒田龍之介がロシア語を学んだ「ミール」という学校の思い出。

ミールというのは、代々木にあった、ロシア語業界では知る人ぞ知る学校だったそうだ。
そこに通い、無我夢中で勉強する著者の姿に胸が熱くなった。

ここ半年で読んだ本の中で私のベスト1。
だからって、どなたにもお薦めとは言いません。

でも
日常生活において、外国語を必要としない日本という国において、外国語をマスターするのは生半可なことではない。かなりつらい。つらくても楽しい・・・という気持ちが理解できる人には超超お薦めです。

ミールの教育法はほんとにスパルタ。
基本文の暗記、そして正しい発音による音読、暗記を強いられる。

でも、それって大事。

外国語は「通じればいい」というのもある意味真実。
実際、旅先などで、とっさの一言が口から出るかどうかでかなり状況が変わることはある。
でも、外国語教育がめざすものとしてはそのレベルで満足してはいけないと思うのです。
かっちりした構造の文を理解した上で、きちんとした発音で何十回も読んで、最終的にはすらすら言えるようにする、そういう文のストックを頭の中にたくさんため込んでいく、という作業はとっても大切なのです。

そのあたり、今の日本の英語教育は、従来のやり方のマイナス面ばかりを強調しすぎて、ぐちゃぐちゃでも通じりゃいいだろ英語に突き進んでいるのではないかと、私は憂慮しています。
英語教育がそんなことになると、他の言語を学ぶ力もつかなくなる。少なくともヨーロッパ言語に関しては。

あと、黒田氏は「発音を習うのはネイティブが一番、というのは間違い」と言ってます。
これにも激しく同感。
きちんと発音指導をしてくれるネイティブ教師って少ないんですよ実は。

by foggykaoru | 2018-12-16 21:06 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/29902181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 似非英国紳士 at 2019-03-04 11:06 x
ご無沙汰しています。

全てに激しく同感!
わたしの母校は、通じるだけではだめ、うちの生徒には authentic な英語を話してほしいと常々言っていました。

さらに、就職してから○○大卒なら英語ぺらぺらだろうという周囲の眼に負けて、語学学校に通いましたが、そこの教師はみんな外国人に英語を教える資格を持った英語を第一言語とする話者でした。

ただ、それだけでも足りないと痛感したのは、発音だけのレッスンで、わたしの Portuguese の発音を徹底的に直そうとした時でした。

「あなたの発音には n が入る」と繰り返し指摘され、頭の中が「?」となりました。しばらくして、自分の g が鼻濁音だったことに気づき、「もっとスマートに指摘してくれないかな」と感じてしまい、ネイティブで外国人に英語を教える資格ではなく、日本人に英語を教える訓練を受けた言語学、音声学にたけた人でないとダメだなと思いました。

あと、著者についてですが、わたしの知り合いの多くはこの方が好きでないらしく、その理由は自慢たらたらな文章が鼻持ちならないということです。自分は数作しか読んだことがないのですが、確かにちょっと自慢気な気がしました。Foggy さんは気になりませんか。

長文失礼しました。
Commented by foggykaoru at 2019-03-04 17:12
>似非英国紳士さん
音声学の知識は必要ですよね。
外国語の個々の発音を教えるには、その音が置かれる環境によって発音しやすかったりしにくかったりするという事実に気づける感性が必要。それには知識が助けになる。
イントネーションとともに教えることも必要。
私は黒田クン、ぜんぜん気になりません。「ぼくは語学が好きなんだ!」という気持ちがあふれていることに感動しちゃって、自慢たらたらだなんて感じません。もしかしたら私自身が他人からは自慢たらたらに見えるのかも・・・(ドキッ)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 衣もろもろ 世界のことば アイウエオ >>