人気ブログランキング |

ロシア語だけの青春

副題は「ミールに通った日々」
著者・黒田龍之介がロシア語を学んだ「ミール」という学校の思い出。

ミールというのは、代々木にあった、ロシア語業界では知る人ぞ知る学校だったそうだ。
そこに通い、無我夢中で勉強する著者の姿に胸が熱くなった。

ここ半年で読んだ本の中で私のベスト1。
だからって、どなたにもお薦めとは言いません。

でも
日常生活において、外国語を必要としない日本という国において、外国語をマスターするのは生半可なことではない。かなりつらい。つらくても楽しい・・・という気持ちが理解できる人には超超お薦めです。

ミールの教育法はほんとにスパルタ。
基本文の暗記、そして正しい発音による音読、暗記を強いられる。

でも、それって大事。

外国語は「通じればいい」というのもある意味真実。
実際、旅先などで、とっさの一言が口から出るかどうかでかなり状況が変わることはある。
でも、外国語教育がめざすものとしてはそのレベルで満足してはいけないと思うのです。
かっちりした構造の文を理解した上で、きちんとした発音で何十回も読んで、最終的にはすらすら言えるようにする、そういう文のストックを頭の中にたくさんため込んでいく、という作業はとっても大切なのです。

そのあたり、今の日本の英語教育は、従来のやり方のマイナス面ばかりを強調しすぎて、ぐちゃぐちゃでも通じりゃいいだろ英語に突き進んでいるのではないかと、私は憂慮しています。
英語教育がそんなことになると、他の言語を学ぶ力もつかなくなる。少なくともヨーロッパ言語に関しては。

あと、黒田氏は「発音を習うのはネイティブが一番、というのは間違い」と言ってます。
これにも激しく同感。
きちんと発音指導をしてくれるネイティブ教師って少ないんですよ実は。

by foggykaoru | 2018-12-16 21:06 | エッセイ

<< 衣もろもろ 世界のことば アイウエオ >>