人気ブログランキング | 話題のタグを見る

蜜蜂と遠雷

先日観た映画の原作。
長い小説ですが、一気読み。

映画は映像と音で伝えるもの。
小説とか文学は書かれた言葉で伝えるもの。
だから、生の音楽の圧倒的な迫力は映画ならではのもの。
一方、小説では登場人物の心情が事細かに描かれているんだろう。
その予想どおりでした。

キャスティングはなかなかです。
特に若い男の子。あんな子よく見つけたもんです。

映画ではっきりわからなかったところ---それが受け取る側の感度の不足なのか、あるいは作り手の力不足なのかはわからない---が、原作を読んではっきりわかりました。

面白いけれど、読み終わったとたん、もう一度読み直そうという気持ちにはなりませんでした。
だから5点満点の4といったところ。





by foggykaoru | 2019-11-18 19:50 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/30575742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ぼくは眠れない 蜜蜂と遠雷 >>