人気ブログランキング |

船上でねむり、海に出る

c0025724_18371410.jpgこの冬一番の寒波が来た日、私たち4人は西伊豆の安良里(あらり)という町へ向かいました。そこはARCの会員であるOさん所有の船「ツバメ」の母港。Oさんのクルーズに便乗させていただくのです。

晴天に恵まれた1日目でしたが、今の時期に晴れているということは、北西の季節風が吹いているということを意味します。白波がたつ外海を一目見た船長は「こりゃだめだ」

c0025724_18383178.jpg結局その日は、海辺の遊歩道の散策をゆっくり楽しみ、温泉にのんびりつかり、腕利きのコックでもある船長の特製カレーに舌鼓を打ち、雲ひとつない新月の夜空にまたたく星たちを眺め、9時に就寝。(右の写真は「操舵室から船室に向かうSさん」)

静かな環境の中でぐっすり寝ました・・・と言いたいところなのですが、そうではないんです。周囲を山で囲まれた天然の良港に停泊していても、風のびゅうびゅういう音や、何かがぶつかる音などが聞こえてきて、実ににぎやか。船室の上の甲板からも、どしんどしんという音が響いてきて、まるで誰かが歩いているみたい。
そんな中でしたが、けっこうよく眠れました。
真夜中過ぎに目が覚めると、風はおさまっていました。その静けさに、却って驚いてしまったぐらい。

翌朝、目が覚めると、冬の朝はいつもひりひりしている喉が全然痛くありません。空気がきれいで湿り気があるおかげでしょうか。早寝したのもいいのかも。
空はどんより雲っていますが、海はおだやかになっています。海水温が高いため、水面にもやが上がっています。

c0025724_18393562.jpg前回の帆走で裂けてしまったという帆を交換する作業を手伝い、いよいよ外海へ。
新しい帆が誇らしげに風をはらむと、「ツバメ」はぐんぐん快走し始めました。かしいだ船体の上では、ただそこに張り付いていることしかできません。
ちょっとの間だけ、舵を握らせていただきました。まっすぐに保っているつもりでも、船はどんどん曲がっていっちゃうのです。進路を直そうとすると、ますます曲がっていく。。。

日常からの脱却という点では、海外旅行も同じですが、この2日間は、日常とも、旅とも違う、不思議な時間でした。
正直、「東京に帰ってすぐにいつものペースで生活できるのだろうか」と不安を覚えたぐらい。

こういうのを「ほんとうの生活」というのかな・・・

c0025724_18402875.jpgつくづく思ったのですが、自分の船を持つというのはほんとうに大変なことです。
別荘を持って管理するのもそれなりに大変だろうけれど、別荘は建物。建物は陸上にある。電気屋さんもすぐに来てくれる。すぐに来てもらえなくても、待っている間に沈むということはない。
でも、船の場合は、何かがあったとき、その場で、自分の才覚で切り抜けなければならない。
「ヨットを買っても、手放してしまう人が少なくないんです」
船長のこの言葉に、深くうなずいてしまいました。
情熱が無かったら続けられないだろうと思います。

船長に、いつ頃から自分のヨットを持とうと思っていたのかと尋ねました。
「小学生の頃からです」
愚問でした。

by foggykaoru | 2005-12-07 19:38 | ほんとうの生活

<< 「飛ぶ教室」観ました ダン・ブラウン著「ダ・ヴィンチ... >>