人気ブログランキング | 話題のタグを見る

小川糸の小説2つ

・食堂かたつむり
映画化されたので、前から題名だけは知っていて、古本屋でもしょっちゅう出会っていた本。
主人公の女性がちょっと(かなり)特殊な食堂を経営する話。
自然は大事。
食は健康。
体の健康だけではなく、心の健康。
すぐに読めて、ほっこりできるという、予想通りの本でした。

・つるかめ助産院
南の島の助産院の話。
自然は大事という話。
食はメインテーマではないけれど、やっぱり体と心の健康のためには大事だということが底流にある。
これもすぐに読めて、予想の範囲内ですが、十分に楽しめます。


同時期に何か月もかけてやっとの思いで読破した佐藤亜紀には脱帽するけれど、小川糸のほうは脱帽するわけじゃない。
でも、普通に他の人に薦めやすいのは小川糸のほうです。女性限定なのかもしれないけど。


以下、脱線です。

田舎に住んで家庭菜園とかして自分で作った野菜を食べて暮らす

というのが正解なのかなと思う今日この頃。
たとえ小さな菜園でも、一人では食べきれないほどとれちゃうんですよね。
それを保存食にして、、、あれして、これして
なんて感じになるから、忙しくてステイホームもなんのその だよね。

「笑ってこらえて」の「ダーツの旅」に出てくる、田舎のおじいちゃん、おばあちゃんたちの元気なことと言ったら!

かなりよくなったけれど、完治はしない慢性上咽頭炎も、空気がいいところに住んだら治るんだろう。(ほとんど確信してます)

でも、もしも病気になったとき、田舎には病院が少ないし。
昨年、それまでかかったことがなかったちょっとした病気になったとき、即座にネット検索して専門医をそう遠くないところで見つけて治療したんです。(すぐ完治しましたのでご心配なく)
都会ってやっぱり便利だなあと実感しました。

図書館や古本屋も少ないし。
あてどもなく大型書店をうろつくこともできなさそうだし。





by foggykaoru | 2021-01-27 09:49 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/31965336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 世界最悪の鉄道旅行 ダリエン地狭決死行 >>