人気ブログランキング |

アミン・マアルーフ著「アラブが見た十字軍」(ちくま学芸文庫)

今をさかのぼること半年余り前、「なぜ十字軍の映画なんか作るの?」といぶかしく思いつつ、「キングダム・オブ・ヘブン」を観たのでした。
それがきっかけになって、こんな本こんな本を読み、最後まで積ん読状態になっていたこの本に手をつけたのは、正月休みになってから。

読み始めたら、これがなかなかにハードでした。
私がふだん読む歴史本とは違い、かなり専門書に近い感じで、固有名詞のオンパレードに目が廻りそう。人名リストを作りながら読むべきなのでしょうけれど、面倒くさがりの私にはそんなことはできない。
その結果、頭は混沌、イメージは茫漠のまま、読了してしまいました。
先に読んだ2冊を通していくらか基礎知識を得ていたからいいものの、もしもそれがなかったら、混迷はさらに深くなったことでしょう。

そんな読み方でも、得たものはあります。

それは、アラブから見た十字軍というのは、単なる蛮族の侵略に過ぎなかったということ。西洋史の側から見ても、十字軍が「聖なる目的を持った崇高な試み」であったはずがないことは重々承知していました。でも、逆の立場から見たらいかに違うかということが、実感できました。

そしてまた、アラブ側の文献がこれだけ残っているということは、当時のアラブ側の文化が高かったという証拠。これもまた、重々知っているつもりだったのですが、この本を読んで、改めて実感しました。
たとえば近代に行われた、ヨーロッパ人によるアフリカ侵略と分割だって、アフリカ側から見たら、おそらく全く違う様相を呈していたはず。でも、そのことを詳細に記した文献は無い。侵略する側が、される側に比べ、武力その他もろもろの面において圧倒的に優勢だったからで、侵略というのは普通そういうものです。
その点において、十字軍というのは、珍しいタイプの侵略戦争だったのかも。

「キリスト教対イスラム教」という、宗教的側面にスポットが当てられがちですが、そんな単純なものではないということもよくわかります。
一口にキリスト教側と言っても、フランクとビザンツでは立場が全く違う。
アラブはアラブで各国各派ばらばら。

一番たまげたのは、暗殺教団の話です。
暗殺教団はイスラムのシーア派に属していた。が、シーア派のカリフが死んでしまった。すると、暗殺教団、「これからはスンニ派の奴らの世の中になってしまう」と世をはかなんで(?)、キリスト教に改宗したいと言い出した!!! 結局、その話はお流れになってしまったのですが、ほんとうに改宗していたら、どうなっていたんだろう?!

また、血を血で洗う蛮行が当たり前だった時代、サラディンというのは、いかに特異な人だったことか!
そんな人がイスラム側のトップに登り詰め、エルサレムを奪還したということに、神のお導きみたいなものすら感じてしまいました。神ってどの神?と突っ込まれそうですが、キリスト教とイスラム教の神は同じですから(^^;

この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2006-02-06 20:56 | 西洋以外の歴史

<< またまたナルニア(ちょっぴりネ... 指輪なお土産 >>