人気ブログランキング |

「世界ふしぎ発見」を見て

この番組、映画とのタイアップ企画のときは予想を超える展開になります。

「二つの塔」のときは、「ローハンの墓所に咲く花は白い」から「ロケ地となったニュージーランドにも白い花がたくさんあります、それはなぜでしょう?」という強引な展開。
「王の帰還」のときなんざ、フランスのブルターニュ紀行でした。「私のための企画か!」と言いたくなるほど、個人的にはツボだったのですが、フランス嫌いのトールキン教授を思うと、ほとんど言語道断だったといえます。

今回の「ライオンと魔女」は、冒頭こそまともにオックスフォードでしたが、2問目からアイルランドに飛んでいったのにはびっくり。
思わず「そうくるか・・・」とつぶやいてしまった。。。

魔女の食べ物がプリンではなく、ターキッシュ・ディライトであるということを、この番組で初めて知った、という人がけっこう多いらしいです。瀬田さんご自身があとがきで正直に書いてるんですけれど。

名前だけは知っていても、どんなお菓子なのかわからないまま年月を経て、私はやがてインターネットなるものに手をそめます。そして、現在は更新が止まっているこのサイトに出会い、「ターキッシュディライトというのはどういうお菓子ですか?」と質問し、答えを得たのが、2000年。

実際にターキッシュディライトを食べたのは、さらにもうちょっと後。

それは私が属している某英国児童文学作家のファンクラブの会合のときのことでした。
会員の1人がルーマニア土産(!)の謎なお菓子を持ってきたのです。いったい何なのだろうとよくよく見ると、英語で「Turkish delight」と書いてありました。持ってきたご本人はかなりのナルニアファンなのですが、それと知らずに買ったのです。気づいたとき、一堂「おお、これがかのプリンなのか!」と感動の声を上げました。
ウキウキして試食してみたら・・・
・・・・・・みんな無口になって、、、

甘いだけじゃん 
この程度のものでたらしこまれたの?
しょせん子供なのねえ・・・

という結論になりました(爆)


ところで、今回のナルニア特集ですが、なんとそのときのメンバーと一緒に見たのです。別にそのためにわざわざ集まったわけではなく、冬のさなか、たまたま集まる機会があり、たまたまその場にテレビがあり、誰かが「そういえば今日はナルニアだ!」と思い出したというわけ。

その集まりに遅れてきた人がひとりいました。
彼女は、あるものを窓ガラスに投げつけるというきわめてランサム的な方法で、自分の到着を知らせようとしました。
でも、中にいる私たちは、テレビに夢中になっていたため、その合図に全く気づかなかったのでした。。。

by foggykaoru | 2006-02-20 20:24 | 児童書関連

<< ターキッシュ・ディライト 「さん」と「よん」 >>