人気ブログランキング |

スワロウデイルに行ってきました

以前お知らせしたとおり、現在、ランサム関連写真展が開催されています。

c0025724_19322498.jpgARCの会員の中に、実はこのお店の存在を知っていたという人が数名います。
車の運転中に、ツバメの描かれた看板を見て「あっ!」と思った、思ったけれど、そのまま行き過ぎてしまった・・・と言っていました。
でも、見つけた瞬間にピンときて、即、車を停め、店に入って店名の由来を訊いたという人が1人いました。彼女はそれ以来ずっと、「いつかみんなと連れだって行ってみたい」と思っていたのだそうです。

たまたま私は、今回の写真展の情報を一番最初に得ました。
そして、3月12日には写真家の中川祐二さんによるお話の会もあるということを知り、「みんなで行きましょう」と声をかけたのですが、声をかけた後になって、はたと気づきました。
会場といっても、アンティークショップ内のコーナーです。そんなに広いはずがない。どやどやと大勢でおしかけたら、入りきれなくなるのでは? 私たち以外にもお話をうかがいたいと思う人はいるだろうし。

ということで、「スワロウデイル」のオーナーさんに相談。「なるべく分散して欲しい」という返事をいただき、急遽「分散計画」を立てることになりました。

c0025724_1953142.jpg分散するといっても、中川さんが会場においでになる日と、私たちが行ける日をすりあわせると、5日と12日の2回に分けるのが精一杯でした。12日のほうは、この話を知ったとたんに仕事の都合を無理矢理つけて行くことにした人がいるので、比較的フリーに動ける私は、あえて5日に行くことに。

我々先発隊は総勢9名。
1時50分頃にお店に到着し、店内狭しと並べられた、素敵なアンティークを鑑賞。
私は個人的に、陶器の調味料入れに惹かれました。表示がフランス語なんです。ランサム的じゃなくてすいません。イギリス風味のもののまっただ中にあったので、妙に目についてしまったんです。一番大きい容器が「sucre(=砂糖)」で、その次のが「farine(=小麦粉)」だったのが不思議。フランス人にとって、砂糖というのはそんなに重要なのでしょうか・・・?

c0025724_19243023.jpg2時過ぎ、奥のコーナーにいた人たちが出てきました。
それっとばかりに、どやどやとそちらへ向かいます。(人数が当初の予定の半分になっても、やっぱり「どやどや」してしまったのでした。スワロウデイルのみなさん、土人のみなさん、ごめんなさい)

そのコーナーの入口付近に飾られた、ヨットのモノクロ写真に胸をときめかせつつ、小さなギャラリーに入ると、そこはランサムの書斎のようにしつらえられていました。

壁面が小さいので、展示された写真は8枚くらいだったでしょうか。
残りの写真は、ランサムの机の上に置かれたファイルに入れられていて、手に取って、じっくりと鑑賞することができるようになっていました。

中川さんはとても気さくで楽しく、かつ豪快な方で、お話をうかがっていたら、飛ぶように時間がたってしまい、はっと気づいたら5時を回っていました。
うわっ、こりゃ長居し過ぎだわ!
と思って、おいとましようと店内を通ると、牛乳を入れるための缶とか、単位が「ストーン」である体重計とか、面白いものが目に入ってしまって、出るにも出られない(苦笑)

1週間後には後発隊が「ツバメの谷」を襲撃。

後発隊は、ネット上でだけの知り合いだったランサマイトと「もう知り合った」することができたそうです。しかも、会ってみたら旧知の仲だった、という人がいたそうな。
その現場に居合わせたかったなぁ。。。

この写真展、21日までやっています。
まだの方はぜひ。

最近のスワロウデイルのブログに注目!
ランサムっぽいアイテムについての記事が続々アップされています。

by foggykaoru | 2006-03-17 20:26 | ほんとうの生活 | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/3669619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケルン at 2006-03-19 01:14 x
今日、時間があったので、私も行ってきました。
お天気が悪かったせいか、あまりお客さんはいなくて、お店のご主人とたくさん話してきました。私も気が着いたら2時間たっていました。
ランサムの世界が、またリアルになりました。
Commented by ケルン at 2006-03-19 01:17 x
フランス語で書いてある調味料入れ、見てきました。
お砂糖、重要ではないですか? 必ずデザートがあるのでしょうし・・・
小麦粉も、一度に使う量が多いでしょうし。
1個、「紅茶」より少し大きい缶に書いてあった言葉がわからなかったのですが、あれは何を入れるものだったのかなあ・・・
Commented by Titmouse at 2006-03-19 12:46 x
話すのに忙しくて(&用事もいろいろあってバタバタして)、品物をあまりゆっくり見てませんでした・・・。ミルク缶もあったんだ~。リンボウ先生の本に出てきた、パイ皮がつぶれないよう焼く時に真ん中に置くもの(だったっけ?)は見たんですけど。
Commented by foggykaoru at 2006-03-19 18:55
ケルンさん。
小麦粉よりも砂糖入れが大きいのって不思議じゃありません? 不思議がるのは甘党じゃないせいなのかしら。
あそこにあったのは、cafe(コーヒー)、the(紅茶)、たぶんsel(塩)だったかしらん。覚えている方、フォローをお願いします。
Commented by foggykaoru at 2006-03-19 18:57
Titmouseさん。
牛乳を入れる缶は、ランサムコーナーの入口付近にあったと思います。
あんな缶一つで、何分も時間をつぶして、中川さん&オーナーさんの苦笑を買ってしまった私たちでした(^^;
Commented by 紅蓮 at 2006-03-23 15:32 x
かおるさん、知らせてくださって、ありがとう。
残念ながら行けませんでしたが、かおるさんのBlog読んで、雰囲気が伝わってきました。それに、ARC会員の方々の熱気も・・。

また今度そういう機会があったら、こりずに声をかけてくださいね♪

Commented by foggykaoru at 2006-03-23 21:49
紅蓮さん。
おいでになれなくて残念でした。
でも、中川さんの写真展は多摩センター?のあたりのギャラリーでも行われることになった、だか、なりそうだという話です。
情報が入ったらお知らせしますね。

今回の場合、会場が普通のギャラリーではなく、英国テイストのアンティークショップだったということが、写真の魅力を増していたような気もするんですけれどね。。。

<< こんな森は嫌だ 「われはロボット」 >>