人気ブログランキング |

日本のノーフォーク(1日目)

c0025724_19333272.jpg左の写真はキャンプ場の夕暮れの情景。人物のシルエットを配してみたのですが、成功したとは言い切れないようで・・・(苦笑)

どうもこのところ、ランサム関連の記事が続いてしまっていますが、このブログの趣旨は、あくまでも私が読んだ本の備忘録であって、決してランサム・ブログではありません。一般人の皆さま、どうかお見捨てにならないでくださいね。

***********

ツバメ合宿で再び引き込んだ風邪が治らないうちに、ARCの別のイベントがやってきました。

題して「日本のノーフォーク」。

ノーフォークだったら鳥を見るのか? そうではありません。(それだったら身体も楽なんだけど)
じゃあ、他人の船を流すのか? んなわけないだろ!






c0025724_17451672.jpgことの発端はスワロウデイルで行われた、写真家・中川さんの「お話会」でした。そこで、中川さんが「ただの(失礼!)写真家」ではなく、実は茨城県の大洗にある「海の大学」の総長で、数多くのアウトドア関連イベントを手がけていらっしゃるということを、私たちは知らされました。(「海の大学」の公式サイトはこちら。詳しい紹介記事はこちらにもあります)

そして、アウトドアには目がないCさんが中心になり、中川さんと連絡を取り合い、「日本のノーフォーク」と題するイベントが行われることになったのです。

なぜノーフォークなのかというと、涸沼という湖がブレイドン湖そっくりなのです。そして、そこから北東方向に流れて海に注ぐ涸沼川、同じ河口に向かって北西方向から流れてくる那珂川の位置関係が、それぞれまるでイェア川とビュア川みたいだからです。

そして、イベントの中心はカヌーによる川下り。
「ランサム・サガのどこにカヌーが出てきたの?」と突っ込まれそうですが、下の絵はカヌーっぽいでしょ(^^;

c0025724_1752247.jpgキャンプ1日目はカヌーの講習。でも、折悪しく、月1回のエルフ語講座の日だったため、私とTさんは遅刻して行くことに。(オタク道追求は1つだって大変なのに、二股かけるのは相当きついです。正直、限界への挑戦としか言いようがありません。)

水戸駅に降り立ったとき、あまりの蒸し暑さに驚きました。バスに乗ると、車窓から吹き込む空気がだんだん冷たくなり、5時過ぎにキャンプ場に到着したとたん、どしゃぶりの雨が降り出しました。まるで熱帯のスコール。夏のヤンゴンを思い出しました。

間もなくビールとバーベキューの夕ご飯。「美味しいところどり」しちゃって申し訳ありません。「海の大学」の皆さんがつくってくださった、カツオの刺身とシジミの味噌汁はさらにまた美味しくて。アサリのようにぷっくりと太ったシジミなんて、生まれて初めてでした。

雨が上がり、美しい夕焼けになりました。明日はきっと良い天気だろうと言い合いながら、講習を受けた人たちから「カヌーは難しいよ」と聞かされ、いくら天気が良くても私はどういうことになるのだろうと心配していたら、「夜間航海をしたい」という声が。ウォーカー夫人ならぬ中川さんが「しょうがないなあ、このオタクたちは」という顔をしながらOKしてくださり、朝を待たずにカヌー初体験をすることになりました。

岸辺の木と、岸辺にカンテラをともした中川さん曰く、「この二つが上下に重なって見えるようにすれば、同じところに帰ってこられる」と。
星空の下でカヌーを漕ぐのはとても気持ち良いものでした。(何にもできない私をサポートしてくださったMFさん、ありがとうございました。本当にご迷惑をおかけしました)

2日目はこちら

by foggykaoru | 2006-05-22 20:47 | ほんとうの生活

<< 日本のノーフォーク(2日目) 中川祐二著「英国式暮らしの楽しみ方」 >>