人気ブログランキング |

機内で見た映画(2):FotRフランス語版

英語以外のヨーロッパ言語には二人称単数が二種類あります。
ひとつがタメ口用の二人称、そしてもうひとつが敬語的な二人称。
LotR三部作を性懲りもなく繰り返し見て、台詞を一通り覚えた上で、いろいろな言語で見てみると、この二種類の二人称の使い分けが、けっこうバラバラだということを発見しました。ラテン系言語であるフランス語版とイタリア語版でも、相当違うのです。(イタリア語版に関してはぴぴーなさんのブログをご覧ください。)

で、今回のFotRフランス語版ですが

ビルボはフロドにタメ口のtu
フロドはビルボに敬語のvous
ビルボとガン爺はお互いにvous

といったように、納得の使い分けをしています。

へえええと思ったのが、指輪をはめたときのフロドに対するサウロンの台詞。これがvousなんです。
ガン爺が「お前は通さん!」とバルログに言う台詞もvousです。
第三部RotKのSEEのフランス語版を見せていただいたとき、滅びの山で(劇場版よりもさらに)しつこく襲ってくるゴラムに対して、フロドが「お前は誓うと言ったじゃないか」をvousで話しているのを聞いて、「んな~、今までちっとも旦那らしくなかったのに、なにもこの場に及んで旦那ぶることないじゃないか。」と思ったものでしたが、別にそういうことではなかったのでした。
つまり、フランス語では、「敵」に対して、比較的vousを使うことが多いのでしょう。これはvousが敬語である、という考え方をすると訳がわからなくなります。それよりも、vousを使うということは、自分と相手に距離を置くということである、と考えるべきなのでしょう。

あと、別れの言葉。
ビルボが誕生パーティーで「みなさんにお別れしなくてはならない」と言うところは"Je vous dirai adieu." アデューは「とわの別れ」のときに使う言葉。
そして、その後に「さようなら」と言って消えるのですが、そこは"Au revoir"になってます。オールヴォワールは「また会いましょう」という意味のさようなら。
この不統一は何?
これはさっき辞書を引いたら解決しました。
"dire adieu"というのは、一般的な「別れを告げる」という熟語表現だったのです。別に「とわの別れ」とは限らない。

次、フロドが「ぼくが行く!」と言ったあとの、「道がわからないけれど」
英語では"I don't know the way."です。
これをフランス語で"Bien que je ne connaisse pas le moyen."と言っているのを聞いて、心の中でうーんと唸ってしまった私でした。
"le moyen"というのは「方法・手段」なのです。
英語の"the way"は「道」という意味と、「方法」という意味があって、まさにこの場にはぴったり。
で、日本語では「方法」という意味を切り捨てて、「道」と訳しているのです。

フランス語ならではというクリーンヒットもありました。
それは、アルウェンが恋人に剣をつきつけて「野伏ともあろうものが・・・」という、見るに耐えない、聞くに耐えない、例のあの台詞。
これを"Un garde qui ne prend pas garde."
イタリック体のところ、ダジャレです。直訳すれば、「番人が用心していないとは」ということですが。



ところでこの記事、いったい誰を対象に書いているんでしょうね。。。

こんなことを面白がってくれる人は、日本広しと言えども、片手でも余るじゃないかしら。



で、ここからは面白がってくれる人が飛躍的に増える発見です。

このフランス語版FotRには、なんと日本語字幕が付いていたのです。
しかも、なっち訳とは全く違う。
"Strider!" が「馳夫さん!」
素敵でしたよーー♪
それ以外にも、ガン爺がバルログに「常つ闇におちるがよい!」とか、格調高い瀬田節がちりばめられています。

でも・・・・

この字幕担当者、瀬田訳の素晴らしさは熟知していても、自力ではまともな日本語には訳せないみたいなのです。
原作に無い台詞の訳は、はっきり言ってなっち並み。
なにしろ、「モリアの炭坑」とか言ったりするんです。
ボロミアも「我々の帰宅を待っている」と口走ったり。(ファラミアが「おにいちゃん、おかえり!」と言うのが目に浮かびます。)

ちなみに、「うそつき」は「ボロミアじゃなくなっている」でした。
これは今や定訳になったようですね。

by foggykaoru | 2006-08-18 00:08 | 指輪物語関連

<< 機内で見た映画(3):パイレー... 機内で見た映画(その1) >>