人気ブログランキング |

ヨコハマ・ツアー

横浜のプロであらせられるラッコ庵さんのガイドで行ってきました。

まずは横浜駅からシーバスで山下公園へ。
もはや記憶さえほとんど残っていないほど大昔に登ったマリンタワーが、実は灯台であった!ということを教えてもらいながら歩いていくと、インドのお祭りをやっていました。
このお祭り、なんと新年の祭りだそうで。

c0025724_2054772.jpgインド暦ってどうなってるの?という疑問も湧きましたが、屋台のカレーを見たとたん、すっかりロジャになった私たちは、ここでお昼ごはんにすることに。カレーを食べてるときも、すっかり辛くなった口を甘いチャイでなだめてるときも、インドのIT企業のお偉いさんのスピーチが聞こえます。インドを搾取しにきたイギリスやポルトガルを語りつつ、「私は別にヨーロッパ人のことが嫌いというわけではありませんが」とか、その搾取のせいで「数百年分遅れをとった」と言いつつ「2032年にはインドのGDPは日本を抜きます」とか、とうとうと流れ続けます。まるで悠久のガンジス川の流れのようだ(爆) もしも2032年まで私が生きてて、ボケてなかったら、ほんとうにそうなっているかどうか、確認しなくちゃと思いました(笑)
いちおう、ここでインドの美味しい紅茶を買ったのが、ランサムな行為でして。

c0025724_20281039.jpg中華街に向かい、できたばかりの「媽祖廟」へ。
ここは日本に居ながらにして中国に行った気分に浸れます。
しかも、中国の海の守り神(女神)さまだという点で、ランサムなスポットなのであります。

新聞博物館と放送ライブラリー?のあるビルの1階には、新聞の輪転機が展示されていましたが、私の目を釘付けにしたのはローハンの馬、、、じゃなくて、ディープインパクトの等身大のお人形。(私の撮った写真はぱっとしませんが)堂々たるものでした。こんな立派な馬には、競馬の騎手なんかじゃなくて、甲冑付けたマークの騎士を乗せたいところです。

c0025724_2031281.jpgお次は大桟橋。
昨年、ラッコ庵さんと「もう知り合った」したときに連れていっていただいたのですが、そのしゃれた造りに今回も感心しました。
ここのショップでいろいろお買い物。

そして次が、今回のツアーの目的地である、日本郵船の歴史博物館。
文明開化以降の日本の海運業の歴史がたどれるのですが、20世紀初頭の豪華客船の様子には見入ってしまいました。なにしろ、フリント船長が乗ったんですから。ほんとうに金持ちのボンボンだったんですねえ。
ガラスケースの中には、当時の日本郵船のラベルがあり、ここでなぜか盛り上がる私たち。
「これ、ショップで売ってるかしら?」
「売ってなかったら、『商品化してください、少なくとも数十枚は売れます』って要望を出さない?」
まったく、オタクはしょーがないですねー(自爆)
で、ショップに行ってみたら、、、あったんです! ラベルの復刻版が。3枚組で300円。

c0025724_2035169.jpgというわけで、今回の収穫のご紹介。
濡れても大丈夫な海図の紙で作ったバッグの左のほうに乗せたのが、同じく海図の紙で作ったレターセット。
上のほうにあるのが信号旗のマグネット。もちろん検疫船旗とおたふく風邪の旗(爆)
もっと色とりどりできれいなデザインのはいくらでもあるのに、なぜわざわざ真っ黄色のを選ぶのか、ショップの人には理解不能だったことでしょう。
そして右下が、話題沸騰(?)日本郵船のラベル。私、旅行は多いんですが、トランク持ってないんですよ。バックパックに貼る?(苦笑)

この日は日本丸の総帆展帆の日だったのですが、日本丸にたどりついたときは、時既に遅し。畳帆完了してました。

実は前日がエルフ語講座+緑龍館の宴会でして。
充実し過ぎるほど充実した週末でした。

オタクをかけもちするのは体力が要ります(自爆)

by foggykaoru | 2006-10-23 21:03 | ほんとうの生活

<< ドブロブニクで見つけた謎なオブジェ ル・グイン著「影との戦い」 >>