人気ブログランキング |

「精霊の守り人」読みました

この本に関する情報はこちら

先週、ランサム展の準備に行ったついでにナルニア国にて購入。

かねてより友人たちの絶賛の声は聞いていたのですが、日本の児童文学にはあまり食指が動かず、未読のままでした。それが今回、文庫化され、そのあとがきを神宮輝夫氏が書いていると聞くに及んで、ついに観念して(?)読むことにしたのです。

私は上橋さんのことを、「子どもの頃ランサムが大好きだった」という意味において、勝手に同類だと思いこんでいます。さらに、もしも私がもうちょっと後に生まれていたら、つまり上橋さんと同じ頃に生まれていたら、ランサム以後日本で刊行された数々の外国児童文学の多くを、きっと同じ頃に読んで、きっと同じように好きになったのではないか、とも思いこんでいます。

読み始めてすぐの印象は「エスニックだな、ゲドに似ている」
そして、都の地理的な説明のあたりは「まるで指輪物語♪」
質素だけれど妙に美味しそうなご飯の描写には「ランサムだわ!」

でも、そんな邪念(!)はすぐに吹っ飛ぶことになりました。
「○○に似ている」「××に影響を受けている」などという代物ではないのです。
これは紛れもなくオリジナルな「上橋ワールド」。





伝承の成立とか、祝祭の起源と変遷というあたり、文化人類学の専門家の面目躍如という感じ。「クリスマスも復活祭も、もともとはケルトの祭りだったんだっけ」と、しみじみ感動しました。子どもはそういう感動のしかたとは無縁でしょうが、逆に、これを読んで「大きくなったら文化人類学をやりたい」と思う子どももいるかも?

一番のツボはこれです。
人助けは、殺すよりむずかしい。<中略>争いのさなかにある人をたすけるには、別の人を傷つけなければならない。
・・・・・深い。

唐突に
「客を笑わせるのは、泣かせるより難しい」
とか思い出してしまった(苦笑)


あっ、、、もちろんランサム的なツボは「ウサギの皮はぎ」でしたよ♪

by foggykaoru | 2007-06-07 20:33 | 児童書関連

<< 上橋菜穂子さんのおっかけではな... ランサム展にてヒツジを食らう >>