人気ブログランキング |

今さらまた「ハウル」

ジブリのアニメDVDには、副音声としてのフランス語が標準装備されています。
「紅の豚」の声なんか、なんとあのジャン・レノだったりします。
というわけで、もしもあなたがフランス語を勉強しておいででしたら、ジブリアニメをフランス語音声・日本語字幕で見ることをお薦めするのですが、それはそれとして。

最近、「ハウルの動く城」のフランス語版をチェックする機会がありました。

これがまたよかった。

この作品は日本語よりもフランス語のほうが合っているんじゃないかしら。
なんせ舞台となった町は、フランスのアルザス地方。だから、フランス語音声で観たほうが映像に合う。
それに加えて、フランス語版のハウルが魅力的なのです。(キムタクもいいけどね)
どうしてフランス語って、ハウルみたいな、「能力はあるけれど、本質的に軟弱なダメ男」に喋らせるとこんなに合うんだろう・・・?

とにかく声が素敵。台詞も素敵。

ソフィーが兵士にナンパされて困っているところにハウルが登場して、
兵「な、なんだおまえは」
ハ「この人の連れです」
この台詞、フランス語では
「Son chevalier servant」
ソン・シュヴァリエ・セルヴォン=この方に仕える騎士です

きゃーーーっ!!


・・・失礼いたしました。


それにしても、宮崎駿はなにゆえに「ハウル」をこんなふうに、つまり、女性用胸キュン映画に改変したのでしょう?
公開時、「わけわからない」とさんざん叩かれたけれど、結局のところ、観た女性は総じて「でも、ハウルがかっこいいからいいの」と夢見る夢子さんになってしまう。
(ああ、あの卵を割る手つき・・・! きゃーっ!!)
原作には全く出てこない戦争を無理矢理持ち出したのは、男性向けの、せめてもの罪滅ぼしだったりして(爆)


ハウルに関して今まで書いた記事
原作を読んだときの感想
映画を観たときの感想
友人・ネタ大明神、ハウルを語る

by foggykaoru | 2007-06-25 21:24 | 児童書関連

<< 「九年目の魔法」 ヴェネツィアのオタクショップ >>