人気ブログランキング |

ラテン語はできますか?

あれっぽというのは「ランサマイトへの77+7の質問」の中の1つ。
私の答えは
「大学で1年やったんですが、なんにも覚えてません。『この辞書はわたしのもの。証人は神様』まで言えます。『アヴェ・マリア』を歌えます 」
なのですが、これははしょった答え。
もっと正確に言うと、
「大学のときに1年やったけれど、その1年間で習い覚えたことよりも、『アヴェ・マリア』を歌い覚えて理解したことのほうが、よっぽど多い」なのです。

ラテン語の授業をあえてとったのは、「ヨーロッパの言語や文化の根幹をなしているのはラテン語だ」という、至極真面目な理由と、もう1つ、「メーンサ、メーンサ、メーンサム」を暗誦できるかもしれないという、オタクな動機がありました。

でも、1度としてやらなかったのですよ。メーンサ、メーンサ、メーンサムは(涙)

そして語尾変化に圧倒されまくりの1年は茫然自失のうちに終わりました。
なにしろ語尾を見ればその単語が文中でどういう働きをしているかわかるから、語順はどうとでもなる。だから、先行詞すら、どこにでも置くことができる。つまり、関係代名詞の「先」に出てくるとは限らない。「後」から出てくるかもしれない・・・
・・・だったら「先行詞」って呼ばないでよ。

で、アヴェ・マリアです。
歌詞はかなり前から歌い覚えていました。
その歌詞がカトリックの「天使祝詞」という祈りの文句そのままなのです。
このことに気付いたのは、たまたまこの祈りを覚えてから、さらに20年ぐらい後のことで、気付いたその瞬間はけっこう感動しました。

ここでその「天使祝詞」のご紹介。
上からラテン語
フランス語(私の超イイカゲン訳。しかもアクサン記号抜き)
日本語の順。

Ave Maria, gratia plena
[Ave Maria, pleine de grace]
めでたし聖寵満ちみてるマリア
Dominus te cum
[Le Seigneur est avec toi]
主、おん身とともにまします
Benedicta tu in murieribus
[Tu es beneficiee en femme]
おん身は女のうちにて祝せられ
Et benedictus fructris ventris tui iesus
[Et Jesus, le fruit de ton ventre, est beneficie]
ご胎内のおん子イエズスも祝せられたもう
Sancta Maria, mater dei
[Sainte Marie, mere de dieu]
天子のおん母、聖マリア
Ora pro nobis peccatoribus
[Prie pour nous pecheurs]
nunc et in hora mortis nostrae
[maintenant et a l'heure de notre mort]
罪びとなる我らのために
今も臨終のときも祈りたまえ


私は信者ではないけれど、このお祈り、好きなんです。リズムがよくて。だから1、2度聴いた程度で自然に覚えてしまったわけで。つくづく文語体というのは美しいと思います。

でも最近はめっきり唱えられることが減ったのだそうな。
「やっぱりキリスト教は聖母マリアよりもイエス・キリスト。原点に立ち返ろう!」ということらしいのですが、この美しい祈りが忘れ去られるのは、ちょっと残念な気がします。





真面目な学徒のためにアップしておきます。
ただし、アクサン記号は省略したので、あしからず。

Je vous salue, Marie, pleine de grace
le Seigneur est avec vous
Vous etes benie entre toutes les femmes,
et Jesus, le fruit de vos entrailles, est beni.
Sainte Marie, Mere de Dieu,
priez pour nous pauvres pecheurs,
maintenant et a l'heure de notre mort.


私はラテン語の二人称単数tuを、ごく単純に、フランス語のtuに置き換えました。
でも、このほんとうのフランス語訳ではvousが使われています。このほうが丁寧。

「Je vous salue, Marie」に関しては次項をご覧ください。

by foggykaoru | 2007-07-02 20:54 | バベルの塔

<< 私はあなたにご挨拶いたします 脳内メーカー >>