人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ファンタジーの世界--妖精物語について--

ファンタジーの世界--妖精物語について--_c0025724_10574185.jpgJ.R.R.トーキン著・猪熊葉子訳の初版本。ケースは多少傷んでいるものの、中身はまっさらのこの本を、古本屋で600円で購入したのは確か6月始め頃。
でも当時はランサム強化月間で多忙をきわめていたので、後回しに。
その後、どうせならきちんと読んで感想文を書こうと思ったのですが、、、私には難しすぎました。まさに猫に小判、馬の耳に念仏(涙)

そうこうしているうちに、混沌の中で姿が見えなくなってしまって・・・
今朝、部屋の片づけをして、晴れてこのポストとあいなったわけです。

ユリイカ10月号の対談を読んだら、伊藤先生がこの本について、こんなことをおっしゃっていました。
本当はこれ1冊を解読するのにもその倍くらいの北欧神話についての解説書が必要なものですから。

私なんかにわかるはずがないんですね。。。

この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2007-10-07 10:55 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(11)

トラックバックURL : https://foggykaoru.exblog.jp/tb/7131327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2007-10-07 20:53 x
妖精って日本人には馴染みが薄いですよね
ハリーポッターが流行った時に、この馴染みの薄い生き物の簡単な解説本が色々と出回りましたけれど、なんだか判りにくかったです
所詮、ゲームや映画からの孫受けをまとめたものでしたから
例えば、「トロール」は灰色にして巨大、単純にして凶暴と解説してありましたが、、その時は私はムーミンを知っていましたので、その解説に何ともいえない違和感を感じました
たしか北海の石油採掘基地にもトロールとの愛称があった所も有ったはずですし、ただの凶暴な化け物だったら、そんなに愛される訳がありません
キリスト教に覆い隠された、北欧の古代の神々の息吹が残されているからの現象ですよね
Commented by ゆきみ at 2007-10-07 22:59 x
では、私にも難しいのでしょうね… 小耳に挟む(苦笑)いくつかの節には、心惹かれるのですが。
先日行った北欧のバイオリンコンサートで「滝に住んでいて、肉を投げると出てきて弦を押さえる指から血が出るほどたくさんの曲を教えてくれるトロル」のお話を聞きました。
へぇぇ、そういうトロルもいるのね、と興味深く感じました。ノルウェーで買ったトロルの物語を集めた絵本に出てくるのも、おおむね「怪物」でしたので。
Commented by サグレス at 2007-10-08 20:00 x
ああ、この本、持っています。読んだはず、でも内容を全く覚えていない!
そして現在どこにあるのやら・・・、段ボールの奥底か、あるいは実家か?? これもまったく覚えていないんですう(涙)。

ゆきみさん、そのバイオリンコンサートって、渋谷でやってたやつでしょうか? 行きたいけど行けなかったんです(泣)。
Commented by naru at 2007-10-09 18:56 x
マイミクさんの日記更新の表示を見た途端、ピーンときました。ろーりんぐすとーんさん、やっぱりその本ですね。なーんと、それは私の大学1年のときの英語の授業の教科書でした。
は は は って感じですね。難しかったですよ~~。原語で読まされたのだから。
ウチの大学は、専攻を決めるのが1年から2年に上がる時なのですが、噂かなにかで我がクラスには英文学専攻を目指す「優秀な」学生が多い、とかっていわれてたのかも。とにかく難しい授業でしたよ。(私は英文科ではありません)
だれかが猪熊先生の訳本のコピーを持ってきたけど、これはあまりにも意訳すぎて、あんまり役に立ちませんでしたー!!!
なつかしーーい。
Commented by ゆきみ at 2007-10-09 19:37 x
サグレスさん、そうだったんですか。残念でした。
みんなで踊りたくなるような楽しいコンサートでしたよ。CDを買ったので、今度どこかで踊りましょうね♪
Commented by foggykaoru at 2007-10-09 21:26
むっつりさん
ムーミントロールはヤンソンの創作だから、北欧の伝承のトロールとは全く別物ですよね。
トロールはいろんなのがいます。「窓枠の匂いをかぐトロール」とか、「窓の外から部屋の中を覗いていて、部屋の中の人をびっくりさせるトロール」とか。
私はすでにエルフ語講座に先立つ「北欧神話とファンタジー」「トールキンにとってのファンタジー」みたいな講座を受けてあるんですけれど、それでもこの本は読みこなせません。いつも遅刻して、しかもしょっちゅう船漕いでたのがいけなかった・・・(自爆)
Commented by foggykaoru at 2007-10-09 21:27
ゆきみさん。
ご興味がおありだったら、この本お貸ししますよ。
たぶん私よりも受け止められるんじゃないかしら。
Commented by foggykaoru at 2007-10-09 21:28
サグレスさん。
お読みになったんだ。さすがっ! 
Commented by foggykaoru at 2007-10-09 21:32
naruさん。
こんなマニアックな本を教科書にするなんて・・・ なんとまあマニアックな!
きっとその英語の先生、トールキンのファンだったんですね。
Commented by リンゴ畑 at 2007-10-10 09:46 x
トーキン(何故にルなし?)&ファンタジー&猪熊に、ぐぐっと魅かれますね!かおるさんにしても、そんなに難解だったのですか…。すごい本なんですね。
そうですか。トールキンは北欧神話ファンだったんですかあ。そいうえば指輪物語が北欧神話的だとどなたかが書いていらしたような…。キーワードは「滅び」ですか?最後にバルドールが希望となって新しい世界となるところも、中つ国が人間の世界になるところにつながるとか?物語全体を覆うほの暗さも似てますね。トールキンって、悲観主義じゃないのに、前向きな話なのに、なぜ暗いんでしょう。
ところで、かおるさん、前日のモンゴメリのところにも書き込みしました。見てくださいね~!
Commented by foggykaoru at 2007-10-10 20:36
リンゴ畑さん。
トールキンの名前がまだ日本で知られていなかった頃、猪熊さんが「トーキン」として紹介したんです。だから古い本では「トーキン」となってます。
トールキンはバリバリの北欧神話ファンですよ。「カトリックの自分がこんなに惹かれてしまってはまずい!」と思ったふしがある、という話を、講座で聞きました。

>ところで、かおるさん、前日のモンゴメリのところにも書き込みしました。見てくださいね~!

ごめんなさいっ。見落としちゃった。今見ます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 天国からのメッセージ 「赤毛のアン」の秘密 >>